FC2ブログ

RSS|archives|admin
:

ティランジア(エアープランツ)専門店のNature Gardenへようこそ! IMG_20190703_153423.jpg

ティランジア(エアープランツ)取り扱い種類数中部地区No.1!
普及種から珍種まで常時約150種類以上在庫有ります

・多肉や水草、その他植物もあります

【通信販売】←クリック
チランジア・水草など

【各種情報発信メディア】
    
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
Blog・・・入荷リスト、栽培日記、商品紹介、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)等
Twitter・・・個別入荷品目紹介、商品紹介、日常呟き、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)、通販やりとり等
Instagram・・・個別入荷品目紹介、商品紹介などギャラリーとしての利用、通販やりとり等
Youtube・・・植物や日常の雑談や文章にしづらいことを語ったりしてます
Facebook・・・ブログ記事のリンクのみ
愛知県 岐阜県 名古屋市 瀬戸市 エアープランツ ティランジア チランジア Tillandsia


命は勝手に誕生し、勝手に消えていくものです

2010.03.02 Tue
クリスタルホワイトシュリンプの孵化が始まっています。
IMGP2544.jpg
他のエビに比べて、かなり生長した段階で生まれるようで、いきなり随分大きいです。その分、一腹で取れる稚エビは15匹くらいと少なめですが、その15匹は確実に育つような印象を受けます。

IMGP2549.jpg
現在5匹の親が卵を抱いていますが、写真の親が抱いている卵は発眼(卵の中で発達が進み、眼が確認できる状態)して1週間ほど経過しているので、もういつ生まれてもおかしくない状態です。

pHは6.5固定で、ほとんど水換えもしていません。ところでレッドチェリーのブリード水槽は生体数が多く、給餌量も多いのでpHがかなり低めです。こちらはサンゴ片を使って5.8に固定しています(一時期5.5まで下がっていました)。水換えの時のpHショックをなくすために少しずつ6.2あたりまで引き上げるつもりです。現在の5.8では1/7くらいしか水を換えれませんからね(水道水は7.0)

IMGP2538.jpg
水草販売水槽には3匹のチェリーバルブがいますが、勝手に繁殖して、現在4匹の若魚が仲間に加わっております。最初のうちは茂みから出てきませんでしたが、最近は普通に中層を泳ぐようになりました。産卵はしょっちゅうしていると思うので、また勝手に仲間が増えていくと思います。

bana.jpg バナー
   ↑ホームページ


Category:シュリンプ | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

エビについて

2010.02.27 Sat
シュリンプについて、いろいろ正体がわかってきました

まずは当店でブリード中のクリスタルホワイトシュリンプです
IMGP2455.jpg
学名:Neocaridina cf. zhangjiajiensis var. white

いろいろなヌマエビと掛け合わせを試みている方もおられますが、どのエビとも掛け合わさらないという結果には、これを見て納得。zhangjiajiensisなんて聞いたこともないです。明らかに北京語からきていますね。場所の名前?「張家建?」という感じの人名?「zhang jia jian」だけみると人の名前としか思えません。ちなみにcfは「~っぽい」という意味で曖昧です。

Neocaridina denticulata(ミナミヌマエビ)
Neocaridina heteropoda(シナヌマエビやレッドチェリーシュリンプ)
Neocaridina cantonensis(ビーシュリンプやタイガーシュリンプ)
などと掛け合わさらないはずです。
フォルムからcantonensisかと思っていましたが、違うってことですね。う~ん、面白い。


で、ついで思いついた問題
IMGP2457.jpg
当店ブリード中のゴールデンシュリンプ
これはNeocaridina denticulata(ミナミヌマエビ)の色彩変異個体だと認識しています。が、そういえば、以前にゴールデンシュリンプとレッドチェリーシュリンプの交配を行ったときに、何の問題もなく掛ったんですよね。ちなみにF1ではほとんどミナミヌマエビのような色の子が生まれました。

でも、ゴールデンシュリンプはNeocaridina denticulata var.goldenであって、Neocaridina heteropoda var.red(レッドチェリーシュリンプ)とは「別種」なんですよね。denticulataとheteropodaは少なくとも学名上は別種扱いです。レッドチェリーの学名は間違いないと思うんですよね。ゴールデンの方が実に怪しい。

推測ですが、ゴールデンはNeocaridina heteropoda var.goldenではないのかと。つまり、ミナミヌマエビ系統ではなくて、シナヌマエビ系統なのでは?


IMGP2458.jpg
ブリード中のインドグリーンシュリンプですが、先週からレッドチェリーとは完全に分けて繁殖させております。極小稚エビは少し育ってからでないと判別付かないので分けられませんが。


bana.jpg バナー
   ↑ホームページ



Category:シュリンプ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

RCS

2010.02.25 Thu
IMGP2433.jpg
レッドチェリーシュリンプの精鋭部隊を集めて新たな陣をはっております。
精鋭部隊入隊条件:
1、卵(卵巣)が黄色であること
2、体色が濃すぎず薄すぎず
3、赤の乗り方がベタではなく、微小なスポットであること

ここから増えたものを販売させていただきます。まだまだ先になると思いますが、ペア売りを考えております。先日も書かせていただきましたが、レッドチェリーが繁殖しない最も大きな原因は、オスの不在です。オスの体色は薄いため海外の生産者の段階ではじかれている、もしくは容易に繁殖できぬよう生産者がコントロールしている(実際に魚などではあることです)かのどちらかです。しかし、インドグリーンシュリンプ(オスメスの体色の差はない)でもメスしか出回らないことを考えると、コントロールされていると考えるのが妥当だと思います。そういったことで、レッドビーシュリンプよりも繁殖が容易なレッドチェリーやインドグリーンを実際に増やせている人は意外と少ないのです。それは技術の問題ではなく、単なるオスの不在だったりするのです。


IMGP2436.jpg
2005年頃の画像です。プライベートで水槽3本を用いてレッドチェリーのみをブリードしていました。種親は愛知県の知る人ぞ知るレッドチェリーシュリンプ繁殖の第一人者であるブリーダーさんから、2003年の暮れ頃に手に入れたものですが、さすが発色がいいです。特筆すべきはオスの発色です。オスの体色が薄いのは一般的ですが、この血統のオスは濃いんです。卵巣の色も完全に黄色で、完璧な純血レッドチェリーなのです。

でも、この方は熱帯魚の小売業をされているのですが、一切宣伝しないのです。あれほどの数のあれほどのグレードのレッドチェリーがいながら、ほとんど誰も知らないのではないでしょうか。インターネットにも記事も記述も全くありません。

そこに納品(配達)している問屋さんでさえも知らないのです。実に不思議です。あの数(何千匹)のレッドチェリーが目に入らない?もしかして、もうやめた?ということで、今日電話で問い合わせてみました

「レッドチェリーってまだいますか?」

「レッドチェリーならいつでもいるよ!」



健在でした

bana.jpg バナー
   ↑ホームページ

Theme:熱帯魚 | Genre:ペット |
Category:シュリンプ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

レッドチェリーシュリンプを販売いたします

2010.02.21 Sun
水草のグリーンによく映える、レッドチェリーシュリンプの販売を開始いたしました
背中の卵巣の色がグレーの個体達で、全てメスになります。おおまかなグレードに関しましては画像をご参照ください。多少は前後すると思いますので、目安としてお考えください。

黄色卵の個体達はブリードの種親として使います。十分に増えたのち、オスメス揃えまして販売しようと思います。お値段は少し上がってしまうと思いますが、ご了承ください。

ちなみに一般に出回っておりますレッドチェリーは全てメスになりますので繁殖はしません(もちろん例外あり)。ネイチャーガーデンはその問題を打開します。

↓特に繁殖目的ではない場合は、かなりお値打ちだと思います。

 1匹168円
10匹1480円(1匹あたり148円)
30匹3780円(1匹あたり126円)
50匹5750円(1匹あたり115円)
レッドチェリー01

店頭販売でも通信販売でも同じお値段になります。


bana.jpg バナー
   ↑ホームページ

Theme:熱帯魚 | Genre:ペット |
Category:シュリンプ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

クリスタルホワイトシュリンプ

2010.02.17 Wed
IMGP2370.jpg
クリスタルホワイトシュリンプ入荷しました。しばらくブリードしますので販売開始までしばらくお待ちください


IMGP2373.jpg
タイガーシュリンプは非常に丈夫なエビですが、繁殖にはビーシュリンプと同じようにGH5くらいはほしいです。
販売しておりますが、別水槽でブリードもしております。1匹320円です


IMGP2381.jpg
卵を抱えておりますが、ピノキオシュリンプは淡水では繁殖できません。日本のミゾレヌマエビに似ていますね。1匹280円です







Theme:熱帯魚 | Genre:ペット |
Category:シュリンプ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

すね毛で光合成してやります

2010.02.16 Tue
ミナミヌマエビ(半分以上自家繁殖)は120レイアウト水槽から販売しておりますが、なかなか掬いにくいので水槽をひとつ設けました。ミナミヌマエビとレッドラムズホーンに関しましてはそちらで殖やしつつ販売していきます。ヤマトヌマエビが好評で品薄になってきましたので、水曜日に入荷します。ミゾレヌマエビも注文したのですが、残念ながら欠品でした。問屋さんにミナミヌマエビはどうですか?と聞かれましたが、グッピーがいるなかで結構増えていますし、これからは天敵のいない水槽に移るわけですから増え放題です。もう注文しないかもしれません。問屋さん、すいません。

そんな矢先の出来事です。
120レイアウトからミナミを掬っておりましたら、緑色の卵を持っているではありませんか!なんだなんだと観察しておりましたら、なんということでしょう、卵ではないのです
IMGP2344.jpg
脚自体が緑なのか、脚に緑色の何かが付着しているのか。小卵型の何かのエビが混じっていたのかとも思いましたが、やはり卵には見えません。こんなことは初めてです。脚で光合成できそうなくらい真緑です。

不思議ですね


Theme:レッドビーシュリンプ | Genre:ペット |
Category:シュリンプ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

一日中観てます

2010.02.15 Mon
最近、本当にエビの事ばかり考えております。たぶん中毒なのだと思います。エビ依存症。

IMGP2314.jpg
【レッドチェリーシュリンプ】
2002年に初めて日本に紹介されたシュリンプで、原産地は台湾です。品種改良種と思われがちですが、実はシナヌマエビ(ミナミヌマエビの亜種)の地域変異種で、実際に台湾の花蓮という地方に生息しております。


IMGP2335.jpg
【インドグリーンシュリンプ】
いつごろ日本に入ってきたのかは不明です。原産地はインドです。こちらも品種改良種ではなくて、実際にこのような色のエビが原産地には生息しております。ちなみにインドグリーンシュリンプには緑色タイプと褐色タイプがありますが、当店では緑色タイプのみでブリードしております。


IMGP2311.jpg
写真では全くわかりませんが、とんでもない数の稚エビ~若エビがうごめいております。特にスポンジ部分の密集度は高く、スポンジをゆすってやると稚エビが驚いて一斉に飛びます。現在レッドチェリーが7匹、インドグリーンが20匹ほど抱卵している模様です。

ちなみに25度環境下ではレッドチェリーは21日前後で孵化、インドグリーンは17日前後で孵化します。25日ほどかかるビーシュリンプに比べるとだいぶ早めのサイクルです。抱卵数もビーシュリンプの10~30個に比べると、レッドチェリーは30~50個、インドグリーンは40~70個で、かなり増える速度も早いです。特にインドグリーンに関しては40~70個の卵がたった17日で孵るわけですから、すぐにとんでもない数になります。

今、ふと水槽を見ましたら、ちょうど今孵化したばかりの稚エビが見つかりました。

販売は1ヶ月くらい先になると思います。

クリスタルシュリンプ(乳白色)とゴールデンシュリンプ(黄色)の販売も予定しております。ボチボチこのあたりのブリードも始めなくては・・・






Theme:レッドビーシュリンプ | Genre:ペット |
Category:シュリンプ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

赤いザクと緑のザク

2010.02.10 Wed
IMGP2268.jpg
IMGP2269.jpg
IMGP2272.jpg
レッドチェリーとインドグリーンのブリード水槽はレジの中に有りますので、いつも観察しています。飽きません。現在レッドチェリーが6匹、インドグリーンが11匹抱卵しております。


IMGP2277.jpg
レッドビーシュリンプのブリード水槽は最終的に60cmレギュラーになりました。いつも通りのセッティングで、最初に1gほどのミネラルパウダーを入れてあります。ウィローモスとエビを入れて、後は餌やりとたまにミネラルを添加するくらいで、特にすることはありません。



今日はトリオコーポレーションの方が来られまして、以前の職場の時から知っている方ですが、エビや水草に対しての情熱がこれほどまでとは知りませんでした。お人柄も親しみやすく、お話してていろいろ勉強になります。しかも、めちゃめちゃご近所さんでした。その方もB型で、私もB型ですが、私はB型人として負けた気がします。

Theme:レッドビーシュリンプ | Genre:ペット |
Category:シュリンプ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

通信販売を開始いたしました

2010.02.08 Mon
本日はシュリンプのお客様がこられまして、いろいろお話ができました。頑張ってモスラ増やしてくださいねっ!


ようやくショピングカートの基盤が整いました。とりあえずはレッドビーシュリンプの販売からスタート致します
通信販売
10000円以上で送料無料になります


レッドビーシュリンプのブリード水槽を立ち上げました。


bana.jpg
↑トップページ

Theme:レッドビーシュリンプ | Genre:ペット |
Category:シュリンプ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

開店いたしました。頭も回転しております

2010.02.06 Sat
IMGP2248.jpg
本日開店致しました。


IMGP2249.jpg
たくさんのお花などもいただきました。そして、予想よりも多くの方がご来店され、テンションガタ落ちは免れました。助かりました。ありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくお願い致します!


IMGP2245.jpg
レッドチェリーとインドグリーンのブリーディング水槽ですが、少し多めに給餌するだけで水の不安定感が現れますので、濾過機の増設と底砂敷きを行いました。濾過機に関しましては既存のニッソー・プライムパワー20にエーハイム・2215のサブをつけました。砂はサンディーゴールドです。サンディーゴールドはシュリンプの飼育に非常に適していると思います。ただし、目が細かいのであまり嫌気にならぬよう厚敷きは控えられた方がいいと思います。底砂にもバクテリアが多く住みつきますので、何もしかないベアタンクより随分水は安定します。嫌気環境での硫化水素の発生だけは気をつけなければなりませんが。一長一短かもしれないですね。初めてベアタンクでやったんですけどね、安定感ないですね。


IMGP2255.jpg
遅くなりましたが、レッドビーシュリンプのブリード水槽も立ち上げます。90の背低水槽でプラチナソイル仕様で底面で行こうかと予定しております。60になるかもしれません。明日までに考えて注文出します。
写真は販売水槽ですが、餌食いも良好で状態抜群でございます。ちなみに日の丸の方は赤足タイプでございます。
モスラ¥6980
日の丸¥3980





Theme:熱帯魚 | Genre:ペット |
Category:シュリンプ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |