RSS|archives|admin
:

自然を楽しもう! 園芸(チランジア、その他植物)、アクアリウム(水草、観賞魚)のNature Gardenへようこそ!

【宣伝】
(園芸関連)
・エアープランツ(チランジア)絶賛販売中(普及種から珍種まで常時約100種類在庫有ります)
・原種ベゴニア、ジュエルオーキッドなども多数あります
・多肉植物もあります

(アクアリウム関連)
・水草は100~180種類販売してます(販売可能種は激しく変動します)
・AIネットCO2フルセット キューブセカンド 価格下がりました 7998円
・AIネット熱くなり過ぎない超小型電磁弁電磁弁 価格下がって新登場 4998円
・CO2ボンベ 1本596円 5本2345円   (全て税込)

(フェアトレード関連)
・フェアビーンズコーヒー販売中!

【通信販売】←クリック
水草・チランジア・ジュエルオーキッド・ベゴニア・その他植物・生体・用品など

【各種情報発信メディア】
   
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
ブログ・・・入荷リスト、水草記事、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)など
ツイッター・・・ほとんど全ての情報、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)
インスタグラム・・・ギャラリーとしてのみの利用
フェイスブック・・・ブログ記事のリンクのみ


雨乞い

2012.03.16 Fri
IMGP1117.jpg
むむ?


IMGP1118.jpg
艶かしすぎる


IMGP1120.jpg
エリオカウロン・インターメディウムと南米ラージパールグラスの攻防。群雄割拠。アマゾンハイグロはジリ貧。



さて、趣味の話題です。

IMGP1121.jpg
苔をちゃんと育てられる大人になりたい


IMGP1122.jpg
販売水槽のアヌビアス・ペッチーの茎が余ったので、ミズゴケ単用で植えてみました。常湿。


今日は定休日でしたので、娘と二人で園芸店に行き、サギソウの球根とクリオネミミカキグサ(Utricularia warburgii)を買いました。
IMGP1123.jpg
サギソウはミズゴケに植え付け、表面だけ市販の山野草の土で化粧しました。水辺植物なので腰水あり。外で栽培します。


IMGP1124.jpg
クリオネミミカキグサ
とりあえず植え替えはせず。初期設定用土はピートモス単用っぽいです(納得できます)。施肥はご法度。水切れもご法度。光はたくさん。腰水あり。直射が当たる室内で栽培します。


特に湿地性植物や雨林系植物では、潅水に使う水は雨水が良いです。或いは軟水器で作った純水、岩清水みたいな綺麗な水。
このあたりの雨水は純度が高い(10μS以下、GH0、KH0、pH5.0~6.0)ので植物栽培には積極的に使いたいです。近くの山を流れる水(20μS、GH0、KH0、pH6.0)を汲みに行くっていうのもありです。軟水器は装備していますが、できれば雨水を使いたいですね。


IMGP1126.jpg
実生のスターフルーツ
ほぼ赤玉土単用(微妙にバーク堆肥が入ってる)なので、少しだけ発酵有機肥料(バイオゴールド)を置きました。ほんの少し。
腐らないし、虫湧かないし、匂わない、しかもすぐ効きます。


IMGP1127.jpg
急成長のスミレ。最初に咲いた2輪の花は終わりましたが、株の中心部を見ると、蕾?が見える気がします。

1年前の自分だと100%枯らしていたので、心の奥底でひっそりとニンマリしています。


植物栽培において、自分の能力は下の下だと思って、植物に接するようにしています。そうしないと植物に同調できないし、言っていることがわかりません。実際に下の下な部分も否定できないですし。
そうして、ひとつひとつ、どこからでも何か得たいと虎視眈々と構えているのも事実。


水道水で鉢底から水が出ないような潅水方法はヤバいです(特にデリケート系植物)。濃縮濃縮でいつか破綻します。そこに施肥が加わればなおさら。雨水が通れば一気にリセット可能。

※通常は水道水潅水で全く問題なしです。ただし、必ず、鉢底から水がたっぷりでるように潅水すること。これが最重要。と補足しておきながら、水道水と雨水は似て非なるもの。見た目同じですが、全く違います。


IMGP1129.jpg
瀬戸の自然ボトル
シダ系もモス系も順調にジュラシックな感じで成長中です。たまに水を多く入れて、しばらくしてからエアーチューブで抜く作業しています。老廃物とか溜まる出しょうし。pHとか計ると変なこと思い立っちゃうので計っていませんが、用土はプラチナソイルで純水使用なので4.5~5.0近辺かと思います。

本格的に雨水貯水設備整えたい今日この頃です。


雨水の偉大さ、太陽光の偉大(照度や波長)さ、身に染みます。

自然回帰
スポンサーサイト


Theme:ガーデニング | Genre:趣味・実用 |
Category:自然とあそぼ(趣味の園芸とか) | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<武士は食わねど高楊枝 | HOME | ショップ紹介>>

雨水利用

こんばんは。怒涛のような忙しさの中、久しぶりの訪問となりました。
そして、またまた遅まきながら ^-^; 第2子誕生おめでとうございます。
過去ログから読みあさっています。

自然の流れを生活の中に‥。まさしく、まさしくそれなんですよね。
温室にしても、太陽光を生活の中に取り入れる。その手段ですから。
昨年の自分の誕生日のプレゼント、妻から何がいい?と聞かれて。迷わず「雨水タンク!」と答えた自分です。
在住の市では雨水タンクの購入設置には助成金が出るのですが、その手続きの手間で(単に自分がめんどくさがりや)残念ながらまだ設置にはいたっていません‥f^_^;
単純に、ただ単純に、なんでトイレに、洗車に(ほとんどしませんが)、庭の水遣りに、洗濯に、そういったさまざまな場面で、飲める程にきれいにされた水をお金を出して使わなきゃいけないのか?飲む水でさえ決して清潔ではない水を使用している国さえあるのに‥。と考えてしまうのです。
ちょっと脱線してしまいました ^-^;。
自然の中での仕組みと同じような環境を植物達にも作ってあげれば、自然と植物はうまくいくような気がします(言葉の妙)。
/9II0EEo | ゆめみるいるか | URL | 2012.07.03(Tue) 22:52:47 | [EDIT] | top↑ |

ゆめみるいるかさんへ

こんにちは

水タンクに関しては、設置場所や使用方法などで、なかなか難しく、設置には至っておりません。
陸上園芸で水質まで考えるのは馬鹿馬鹿しい(地域によっては問題となる場合もあるとあると思いますが)のですが、その部分でも雨水に一日の長があるんですよね。有機+雨水+太陽光は、イメージのみならず、実際の育成面でも有利に働くこと間違いなしかと。

とはいえ、店にはRO浄水器(軟水器)を設置していますが、ほとんど使用していません。現在は趣味の食虫植物で使用しているのみです。酸性土壌系や着生系、極度の貧栄養土壌系の植物には雨水や純水が特に有効なようです。

水が豊富にある国とはいえ、水道水をダダ流すのは、なんとなく気が引けますよね。雨水なら罪悪感なしです。
- | Nature Garden | URL | 2012.07.06(Fri) 12:17:57 | [EDIT] | top↑ |

お名前
タイトル
メール
BLOG・HP

[     ]
Trackback URL
http://naturegarden888.blog9.fc2.com/tb.php/636-850c1326