FC2ブログ

RSS|archives|admin
:

ティランジア(エアープランツ)専門店のNature Gardenへようこそ! IMG_20190703_153423.jpg

ティランジア(エアープランツ)取り扱い種類数中部地区No.1!
普及種から珍種まで常時約180種類以上在庫有ります

・多肉や水草、その他植物もあります

【通信販売】←クリック
チランジア・水草など

【各種情報発信メディア】
    
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
Blog・・・入荷リスト、栽培日記、商品紹介、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)等
Twitter・・・個別入荷品目紹介、商品紹介、日常呟き、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)、通販やりとり等
Instagram・・・個別入荷品目紹介、商品紹介などギャラリーとしての利用、通販やりとり等
Youtube・・・植物や日常の雑談や文章にしづらいことを語ったりしてます
Facebook・・・ブログ記事のリンクのみ
愛知県 岐阜県 名古屋市 瀬戸市 エアープランツ ティランジア チランジア Tillandsia


萵苣

2012.03.05 Mon
なんてことのない緩い記事で失礼します

IMGP1065.jpg
先日60cm水槽の植え替えを行った時に余った水草をなんとなく水上化させました。ケヤリソウは水上化するのか不明です。スターレンジは簡単に水上化しますが、ケヤリソウの水上葉は見たことがない。


IMGP1066.jpg
水上のラージパールグラスは美しいですね。光が弱いので成長が遅いです。夏場の屋外なら一気に爆発しますが。


IMGP1067.jpg
アスプレニウム・ニダス・アビス
何の変哲もない園芸植物ですが、なんとも美しきことこの上なし。480円くらいで販売できます(変わるかも)。腰水で栽培していますが、自生地では樹上などに活着して生きています。なぜか抽水でも平気です。培地はソイルです。今までは水上栽培でソイルを使うのは邪道だ!ぐらいに思っていましたが、食わず嫌いだっただけかもしれません。育成しやすいし、見た目も美しいです。育成しずらい環境で、それを打破する方法を見つけるよりも、育成しやすい環境を見つけるほうが、しっくりきます。自分の能力を上げようとするとやっぱり失敗するから、動植物を慈しむ心を育てようと、それだけでいいと思うんです。それが成功に繋がるし。土も水も風も、そういうの全部。


IMGP1068.jpg
ウォータークローバー(480~580円くらい)
この人、丈夫すぎ。シダ植物なので光もそんなに要らないし。ポトスみたいな感覚。普通の水草だとそうはいかないですね。


IMGP1062.jpg
これは特に目的のないレタスの水耕栽培

研究の為でもなく、食べるためでもなく、愛でるためでもない感じ。まぁ最終的には食べるのですが。溶液濃度は0.6mSから始めて、現在0.9mS。次の溶液交換時は1.2mSくらいにします。この光量だとそれが限界かな。
ちなみに味は激マズのはず。去年も水耕栽培で作りましたが、びっくりするくらいマズかったです。えぐい。普通に屋外で土で栽培すると美味しいんですけどね。なにがいけないんでしょう。やっぱり光かな。


IMGP1069.jpg
先日作った瀬戸ボトル。
経験上は、このあたりから弱り始めるところですが、その気配はなし。むしろ、苔の色艶上がってる気がする。いつもと違うことしてるからか。

知識だけの先生よりも学生や生徒、児童のやる気を引き出せる先生が必要ってことです。

なんか、思い出しました。小学3年生のときの平野先生。先生の鑑(かがみ)です。 
小学生の頃、私は作文が全然書けなくて、いつも居残りで四苦八苦しながら書いていました。クラスでいつも最後。本読むの大嫌いだったし、文章書くなんてもってのほか。書き方もわからない。読書家の妻と比べたら、たぶん自分の読んだ本は1/1000くらい。漫画か図鑑しか見ない。ともかく極端に作文が苦手でした。

そんなある日、先生が「もう帰っていいよ。あ、これあげる」と、

生物の本をプレゼントしてくれました。

テンション上がりましたね。やる気上がりました。



IMGP1070.jpg
瀬戸ボトルと同じ日に作ったスミレソウの盆栽。こちらも調子上がって、花まで咲きそうです。弱光という緩い環境なので、管理も緩くしないといけないんですね。言外にほのめかしたりもしましたが、まぁ需要の供給のバランスですね。


IMGP1071.jpg
需要<供給 なキューバパールグラス。日々増殖。人間も日々精進。


IMGP1072.jpg
当店でも人気なグロッソスティグマは完全に「需要>供給」でしたが、効率の良い栽培増殖法を確立しつつあって、「需要<供給」に転じました。



前回の「Pitanga」の記事で、スターフルーツの一件を書きましたが、追熟して幾分甘くなったスターフルーツをお客さんと二人で食べました。種子は一粒だけ入っていました。とりあえず、これでリベンジ!


と、前回発芽せずに失敗に終わったポットを見に行ったら・・・・

IMGP1073.jpg
発芽しとるやないかーい!

ガラス蓋載せてたので、新芽がグシャってましたが、まぁ大丈夫そうです。

発芽に2ヶ月もかかるのね・・・。気温はほぼ変わってない(20~23度)ので、単純に発芽までに時間がかかるっていうことかと。
スポンサーサイト





Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:水草 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<施肥は難しい | HOME | ミゾレ特価>>
お名前
タイトル
メール
BLOG・HP

[     ]
Trackback URL
http://naturegarden888.blog9.fc2.com/tb.php/628-4d65c861