RSS|archives|admin
:

自然を楽しもう! 園芸(チランジア、その他植物)、アクアリウム(水草、観賞魚)のNature Gardenへようこそ!

【宣伝】
(園芸関連)
・エアープランツ(チランジア)絶賛販売中(普及種から珍種まで常時約100種類在庫有ります)
・原種ベゴニア、ジュエルオーキッドなども多数あります
・多肉植物もあります

(アクアリウム関連)
・水草は100~180種類販売してます(販売可能種は激しく変動します)
・AIネットCO2フルセット キューブセカンド 価格下がりました 7998円
・AIネット熱くなり過ぎない超小型電磁弁電磁弁 価格下がって新登場 4998円
・CO2ボンベ 1本596円 5本2345円   (全て税込)

(フェアトレード関連)
・フェアビーンズコーヒー販売中!

【通信販売】←クリック
水草・チランジア・ジュエルオーキッド・ベゴニア・その他植物・生体・用品など

【各種情報発信メディア】
   
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
ブログ・・・入荷リスト、水草記事、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)など
ツイッター・・・ほとんど全ての情報、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)
インスタグラム・・・ギャラリーとしてのみの利用
フェイスブック・・・ブログ記事のリンクのみ


今日の風に吹かれましょう

2011.08.14 Sun


IMGP9600.jpg
今年の春に種蒔きを行いましたマツバボタンですが、苗立ち枯れ病で全滅しました。という記事を以前書きましたが、数ヵ月後に未発芽分が思いがけず発芽。


IMGP9599.jpg
とりあえず鉢上げしようと思うので、培養土を配合。いつもはもっとアバウトですが、このように並べると配合比率がよくわかります。実際、へぇ~、そんな割合だったんだ。という感じです。


IMGP9602.jpg
今年になって初めて使い始めている有機元肥です。最初に培養土に混ぜます。菌根菌(きんこんきん)が栄養を根に渡す助けをするので、それを狙って使っていますが、今のところ「うぉ~、すげ~」という感想を抱くまでには至っておりません。

でもなんとなく良いので使い続けてます。


IMGP9601.jpg
少量の水を加えて混ぜ合わせます。土を混ぜるときは必ず水を少し加えます。そうしないと土の比重の差により、うまく混ざりません。

保水性・保肥性・排水性に富む、ふかふかの培養土ができました。植え替え時も土は基本的に再利用していますが、その時は、元肥とバーク堆肥のみ追加しています。


IMGP9605.jpg
通常は1ポット1苗が基本ですが、場所取るので我慢してもらいます。


IMGP9603.jpg
IMGP9604.jpg
上記2種類の置肥も軽く埋め込みます。この数ヶ月は、この有機のほうの肥料だけで栽培をしていましたが、小さな鉢では大きな不具合を感じていますので(肥料不足)、従来の有機と無機の折衷に戻しています。IBは昔からよく使っています。


IMGP9606.jpg
最後に花工場を2000倍程度に薄めて与えます。通常は植え替え直後に液肥は与えませんが、“俺流”では与えます。


なんにしても、完全に時期はずれなので、決してbestではないですが、そのまま放置するよりはbetterです。必ずしも最上級である必要はなく、でも比較級レベルで良いことをしたいと考えています。もし、bestを求めるならば、今回の処置に意味は全くありません。bestにはなりえないのですから。そもそもbestなんてものは、この世に存在しないのかもしれませんが。


輪が欠けているからといって、ドーナツがドーナツでなくなることはありません。受験に落ちても、あなたがあなたでなくなることはありません。



今日駄目でも、昨日より良くなっていれば良い。また、悪くなっても、来月良くなっていれば良い。そして、臨終の間際に納得できていれば尚良い。
スポンサーサイト


Theme:ガーデニング | Genre:趣味・実用 |
Category:自然とあそぼ(趣味の園芸とか) | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |
<<今日は終戦記念日です | HOME | 夏の雫>>

no subject

はじめまして、ほんだしと申します。
以前から拝見させていただいておりました。
お店を始められる前の楽天ブログの時から(^^)
当時から豊富な知識を惜しみ無く書かれていらしたので、大変参考にさせていただいてました。
コメントしようしようと思っていたのですが、今まで出来ずにいました(^^;

今回の記事、「なんにしても」以降のところがとても共感できました。
bestじゃなくてbetterでもいい。
僕にとっては、なかなかbestな選択は難しいです。
でも、想像力を働かせて植物にとって、自分が思うよさそうなことをしようと思ってます。
出来てるかどうかは別ですが(^^;
そういう試行錯誤が大事なんじゃないかと。。。
植物には負担ばかりかけてる可能性大ですが。

神田さんの記事は参考になることが多いので、今後とも拝見させていただきたいと思っております(^^)
いつもKHの低い水で羨ましいなぁと思って見てました(笑)
我が家も大磯なので。。。
またお伺いさせていただきます!
長々と失礼しました~。
JalddpaA | ほんだし | URL | 2011.08.15(Mon) 14:39:59 | [EDIT] | top↑ |

no subject

小さい頃、冬になる直前ぐらいに、適当に庭にヒマワリ種まいて、花まで咲かせました。
ホントに冬に入りかけだったけど小さいヒマワリが咲きました。
以外になんとかなるものですよね


初めて、今日、ミナミヌマエビが抱卵したんですけど、5L水槽で、すでにミナミヌマエビが6匹ぐらい居ます。
他にも抱卵しそうなヤツが数匹います。
孵化しやがったら、確実に水槽の中が大変な事になりそうです。
応急処置てきなんですが、発泡スチロールに数匹移して、南向きのベランダで水草浮かばして、エビさんいきてますか?



- | よん | URL | 2011.08.15(Mon) 14:52:44 | [EDIT] | top↑ |

ほんだしさんへ

初めまして、こんにちは
いつもご覧いただきありがとうございます

ほんだしさんのウェブログは私も以前から存じ上げておりました。大磯絡みで検索すると辿り着くところはある程度限られますよね。

楽天時代は、アクアリウムショップに勤めていた頃ですが、今考えると、何もわかっていなかったと思います。訂正しなければいけない記事が山ほどあるというわけです。

栄養素の与え方には問題がないのですが、「大磯でも全然OK」的な考え方は甘かったと言わざるをえません。「土」の効能として、「水を弱酸性・軟水にする」「栄養を含む」とだけ考えていましたが、大きな誤りでした。今は、その他の「イオン交換」「保肥」「根張り」の有無、或いは良否こそが最大の違いだと考えています。

現在は、実は当店の流れとしては大磯から離れる傾向が強い状況です。完全に離れるわけでもなく、もしかいたら一時的なことかもしれません。
それこそ、私の中での「better」な選択なのです。純粋に植物を健全に育てたいという、それだけです。今より少しでも良い環境で育ててあげれるなら、そうしたいと。bestかどうかなんてわかりません。

年とともに、少しずつ「意地」「見栄」が削れ、ただただ植物を美しく育てたいという気持ちのみが大きくなっています。

同じ植物好きな人間として、情報を交換できればいいですね。
- | Nature Garden | URL | 2011.08.16(Tue) 13:06:57 | [EDIT] | top↑ |

よんさんへ

こんにちは

エビは水槽の移動(水質の変化)や新しい水を嫌いますので、できればそのままのケースで育てるのがいいかと思います。5リットルであれば、30匹くらいになっても平気かと思います(少しずつ増える分には結構大丈夫です。いきなり30匹投入するのとは事情が違います)。また、ろ過掃除はあまりしないほうが宜しいかとかと思います。

ケースを移す場合は、できるだけ多くの飼育水も同時に移してあげてください。底砂も必ず敷きます。
南向きのベランダだと水温が上がりすぎるので、日よけをしてやってください。うちでは35度くらいになっても平気なようですが、念のため。
- | Nature Garden | URL | 2011.08.16(Tue) 13:14:43 | [EDIT] | top↑ |

お名前
タイトル
メール
BLOG・HP

[     ]
Trackback URL
http://naturegarden888.blog9.fc2.com/tb.php/497-26c8901a