RSS|archives|admin
:

自然を楽しもう! 園芸(チランジア、その他植物)、アクアリウム(水草、観賞魚)のNature Gardenへようこそ!

【宣伝】
(園芸関連)
・エアープランツ(チランジア)絶賛販売中(普及種から珍種まで常時約100種類在庫有ります)
・原種ベゴニア、ジュエルオーキッドなども多数あります
・多肉植物もあります

(アクアリウム関連)
・水草は100~180種類販売してます(販売可能種は激しく変動します)
・AIネットCO2フルセット キューブセカンド 価格下がりました 7998円
・AIネット熱くなり過ぎない超小型電磁弁電磁弁 価格下がって新登場 4998円
・CO2ボンベ 1本596円 5本2345円   (全て税込)

(フェアトレード関連)
・フェアビーンズコーヒー販売中!

【通信販売】←クリック
水草・チランジア・ジュエルオーキッド・ベゴニア・その他植物・生体・用品など

【各種情報発信メディア】
   
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
ブログ・・・入荷リスト、水草記事、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)など
ツイッター・・・ほとんど全ての情報、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)
インスタグラム・・・ギャラリーとしてのみの利用
フェイスブック・・・ブログ記事のリンクのみ


有無折衷

2011.07.29 Fri
IMGP9371.jpg
瓢箪がこんなところにまで進出しています。有機(未発酵)の固形肥料のみで栽培しておりましたが、限界です。無機のIB化成も併用することにしました。完熟発酵の有機ならいけそうな気もしますが、コストが厳しい感じになるので、併用案採用。鉢での有機のみの栽培は難しいようです。

地面(自然)+有機肥料(自然)=自然

鉢(不自然)+有機肥料(自然)=不自然

鉢(不自然)+無機肥料(不自然)=自然 ←んなこたぁないけど、栽培の辻褄は合う。自然・・・とは言い難いが。


道のりは長い!!

いろんな理想はあるけども、最終的に植物が元気じゃないと、意味がないです。難しいなぁ。難しい!


IMGP9372.jpg
エキノドルスにシジミチョウ。

有機肥料に切り替えてから虫の量が確実に増えました。ありとあらゆる虫。

土を殺さず活かし、植物を元気に育てる。本当の意味でこれが理解できれば、問題は解かれるのでしょうが、それを自分が解く頃には、もう還暦迎えてるかも。園芸歴だけがどんどん一人歩きしていきます。

自分の園芸歴の中で水草というカテゴリーは比較的新しめですが、特に水草栽培から教わることは多いです。
陸上園芸はもちろんのこと、水草園芸も死ぬまで続けるので(それが生きる意味そのものだから)←「自分の中では水草も野菜も同じ園芸で、特に垣根はないです」、あと40~50年かな?まだまだ結構楽しめますね。娘が植物に興味を持ってくれたら、本当に喜ばしいことですが、なかなかそうはならないものです(無理強いはしません)




さて、販売水槽の様子です
IMGP9375.jpg
【ケヤリソウ】
昨日、コケまみれと書いたものですが、ヤマトヌマエビが善戦しておりまして、たった2日で、かなり綺麗になりました。水換えは通常1週間に1回1/3程度ですが、今回イレギュラーで3日続けて同量の水替えを行いました。コケが完全に無くなったら5匹くらいのヤマトを残して、あとは撤退させます。


IMGP9384.jpg
【スターレンジ】
仕入れてから、1年になります。自分とは相性が良いようで、どんどん増えます。現在、この水槽のpHは4~5、GH1.0~1.5程度ですが、pH6.5前後の時と状態は大して変わらないです。何年か前はpH7.2前後、GH3.0前後で栽培していましたが、やはり問題無くよく育ってました。繊細系ロタラのほうがよっぽど水質にはうるさい感じがします。


IMGP9386.jpg
【ギニアン ドワーフ エイクホルニア】
私の記憶が確かならば、去年の9月の仕入れだったと思います。年末には調子を崩し、憐れな姿になっていましたが、最近の調子は良好です。草姿がヤシの樹みたいで、おもしろいです。今度、レイアウトに使ってみたいです。


IMGP9382.jpg
【ブリクサ・ヴィエティ】
1年くらい前に「ネチャマンドラ・アルテルニフォリア」というインヴォイスで入荷しましたが、別種でした。見た目全然違うと思うんですけど・・・(汗)ピーマンとナスくらい違います。特に深い意味は無いですが、最近「茄子」と「エンドウ豆」で何か一品料理ができないものかと画策しています。


IMGP9387.jpg
【アマニア・グラキリス】
一時期(というかずっと)萎縮して育てられませんでしたが、ようやく育ち始めました。なんとなくわかってきた気がします。でも、これはまだ全然本調子ではありません。


ところで、昨日採取した水草の中に「キカシグサ」というものがありますが、この草の学名は「Rotala indica」です。でもロタラ・インディカではありません。お馴染みロタラ・インディカの学名は「Rotala indica」ではないということです。どっかで間違えちゃったんでしょう。そして、「キカシグサ」って「アマニアspボンサイ」じゃないですかね?酷似してるんです。ちなみにアマニアspボンサイもキカシグサも水中育成には向いていません。


IMGP9389.jpg
【ルドウィジア・インクリナータ グリーン】
最近、気付いたのですが、レッドよりかグリーンの方が成長早い気がします。並べて栽培していますが、差し戻しのタイミングが合わないんですよね。


IMGP9379.jpg
【ルドウィジアspスーパーレッド】
こんなに赤くて、こんなに育成の簡単な水草があるでしょうか。アマニアに爪の垢を飲ませてやりたいです。


IMGP9378.jpg
【エウステラリス・ヤタベアヌス(ミズトラノオ)】
最近はエウステラリスではなくて、ポゴステモンですね。大磯砂での栽培は「不可」との位置づけになってます、個人的に(あくまで、自分の能力では、ということ)。溶岩砂ならいけそうな気はしますが。




IMGP9401.jpg
7月5日に、プラチナソイルブラウン+オリジナル水草培養土(試作段階)+テトラクリプトで立ち上げた30cm水槽です。

IMGP9393.jpg
その後、ロタラ・インディカ、ロタラspセイロンはオーバーハングするまで成長しました。しかし、これは光量の問題だと思いますが、日陰になってしまったグリーンロタラとラージパールグラスが頓挫しています。10リットルで13wであれば大丈夫ですが、蛍光管を1年7ヶ月も交換していないので、光量が半減くらいはしているはずです。水草水槽だと半年~1年で交換というのが一般的です。よし、交換しよう。ケチケチして水草を弱らせてしまっては話になりせん。
(一枚目の写真は結構明るく見えますが、実際は暗い印象です。)



IMGP9400.jpg
閉店後の楽しみ

電気消したあとに、ここだけつけてニヤニヤ眺めたりしてます。暗い部屋に浮かぶ水草水槽は荘厳ですね。ちなみに今日からボンベからの分岐で二酸化炭素を添加しています。ようやく分岐パーツ買いました。ということで、今までは発酵式でした。発酵式は準備に手間かかりすぎ。そんな時間無いです(水槽をぼーっと眺める時間はあるくせに)
ロタラ類の調子はこの1週間で雲泥の差で、急上昇です。
pH6.0~6.3
GH2.0
KH0.5
EC150μS
最近は管理がルーティンワーク化してて、毎週金曜日を水換えの日としています。1/4程度の交換。
IMGP9398.jpg
追肥量増やしてから急上昇なロタラ・インディカです。なるほど、足りなかったか。

IMGP9397.jpg
グリーンロタラは、もう最高潮です。萎縮なし、葉色良し、気泡良し。

IMGP9399.jpg
大好きロタラ・ナンセアンは、ムカデみたいに匍匐ってます。これが良いのですが・・・。



ただし、ロタラ好きは十中八九、変態です。




《お盆休みのご案内》
8月11日~12日は、休業させていただきます。
宜しくお願い致します。

スポンサーサイト


Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:水草 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<コーラは冷たいうちにどうぞ | HOME | 瓜の皮>>
お名前
タイトル
メール
BLOG・HP

[     ]
Trackback URL
http://naturegarden888.blog9.fc2.com/tb.php/482-9d5e908d