RSS|archives|admin
:

自然を楽しもう! 園芸(チランジア、その他植物)、アクアリウム(水草、観賞魚)のNature Gardenへようこそ!

【宣伝】
(園芸関連)
・エアープランツ(チランジア)絶賛販売中(普及種から珍種まで常時約100種類在庫有ります)
・原種ベゴニア、ジュエルオーキッドなども多数あります
・多肉植物もあります

(アクアリウム関連)
・水草は100~180種類販売してます(販売可能種は激しく変動します)
・AIネットCO2フルセット キューブセカンド 価格下がりました 7998円
・AIネット熱くなり過ぎない超小型電磁弁電磁弁 価格下がって新登場 4998円
・CO2ボンベ 1本596円 5本2345円   (全て税込)

(フェアトレード関連)
・フェアビーンズコーヒー販売中!

【通信販売】←クリック
水草・チランジア・ジュエルオーキッド・ベゴニア・その他植物・生体・用品など

【各種情報発信メディア】
   
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
ブログ・・・入荷リスト、水草記事、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)など
ツイッター・・・ほとんど全ての情報、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)
インスタグラム・・・ギャラリーとしてのみの利用
フェイスブック・・・ブログ記事のリンクのみ


雄弁は銀、沈黙は金

2011.07.05 Tue
IMGP9158.jpg
そこそこ調子の良い60cmですが、先週剪定を済ませました。ヨガの先生と話しながら3分くらいで切ったのでデコボコしています、と言い訳しておきます。
クリプトコリネが巨大化していることに、ロタラを切ってて気づきました。

キューバパールグラスはもうちょいといったところです。

久しぶりに水質測って見ました
pH7.0
KH1.5
GH3.0
EC170μS

相変わらず普通でした。



1ヶ月ほどまえにプラチナソイル・ブラウン(無施肥)でセットした30cm水槽は、その後、水草は殆ど生長しませんでした。
グロッソスティグマ・・・1cmくらい伸びて止まった
有茎草・・・2cmくらい伸びて萎縮した
南米モス、ブセファランドラ・・・問題なく育った
ヘアーグラス・・・・変化無し

水草も育たず、藻類も生えず、時間止まってましたか?な結果です。根の張りが全然ダメです。ラージパールグラスなんかは1cm程度の根が生えているのみ。




最近は、特にアクアリウム的発想というよりも主に園芸的発想に基づいて考えるようになっています。接してきた時間を考えると、やはり、自分の場合は園芸のほうが慣れているといえます。

そういう視点で突き詰めていくと、どうもこのような形に・・・・
IMGP9143.jpg
どこかで見たような光景ですが、この方法が現状では最も優れていると思います。なんとなく奇跡的に調合がうまくいきました。

最初は化成肥料でなんとかしようと考えていましたが、完全組成の液肥注入で効果が認められましたが、分量の調整が難しすぎるという点、ロタラには全く効かないという点。入れすぎると根焼けする点。これらの理由で却下になっています。
普通の有機肥料は良い線だと思いましたが、腐って却下。

今回の「水草を育てる土」の製作では化成肥料は一切使用しませんでした。理由は、植物の根は化成肥料よりも有機肥料を好む性質があるということ。園芸での根の観察を通じて得たものです。ただし、普通の有機肥料だと腐敗して硫化水素が発生するので使えません(根が死にます)。今回は特殊発酵の有機肥料を使用しているので根が腐らないどころか、むしろ根が養分めがけて突進していきます。

この一歩前の試作では、用土に「水草を育てる土」を混ぜてしまうというものでしたが、ビオトープで成功していたものの、水槽では美観の問題で却下となっています。とはいえ、これもまだ「試作」の域は越えていません。

IMGP9150.jpg
実験区の様子ですが、水草は良好に育っています。底床は赤玉土+水草を育てる土。
ロタラ類に一切の萎縮が認められないこと、藻類の著しい発生が無いこと。その他液肥などは不使用。

とはいえ、ここからの大どんでん返しは何度か味わったので、楽観視はできません(もはやトラウマ)。


「水草を育てる土」に直接植え込むことができれば最高ですが、水が濁るので、上にソイルを敷きます(砂利でも有効かは未確認)
IMGP9144.jpg
これは本当はしたくないのですが、水草を抜いたときに下の土が出てくると見た目が良くないので、やむを得ず鉢底ネットで敷き分けます。たぶん、これは無いほうが植物にとっては良いと思います。


IMGP9153.jpg
ソイルは前回使ったプラチナソイル・ブラウンを水道水で洗浄して使いました。レイアウトはあんまり見ないでください。


まだ実験段階ですが、これで育たなければ、「失敗」というだけのことです。

大磯無施肥でどんどん育つ30cmキューブは特殊というか奇跡なので基準としては考えないようにしています。実際に、30キューブにあやかって同様にセットした4本の水槽は全て失敗しています。


公にするレベルには達していませんが、今までで最も手ごたえを感じているので記事にしました。


ゆっくりと紡いでいきます
スポンサーサイト


Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:水草 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<He seemed to go as slowly as a snail. | HOME | HANA>>

no subject

こんばんは~
やっぱりクリプト最強ですね
なぜか家だと「ギリギリ」のライン
生長してくれません^^;

「水草を育てる土」って商品名でなくて
試作ブレンドですか?
面白いことが始まりましたね><b

そっち系もやりたいと思ってましたが肥料?でつまずいたのか家の水槽よろしくなくなったので計画ごと頓挫しています、、、、が、家の水槽は現在、田土のボトルアクアが秀逸

・・・が田土ろ過機つけるときっと濁る^^;
無ろ過の境地はまだ僕には早いです
AVgFLk6E | ちびえび | URL | 2011.07.05(Tue) 22:05:56 | [EDIT] | top↑ |

ちびえびさんへ

こんばんは

「水草を育てる土」は仮称です(笑)
「水草培養土」でも良いです。わかりやすければ何でも良いです。
相変わらず調子が良くて、腐りきっていたロタラたちが次々と復活しています。もう奇跡かも。

田土は最強じゃないですか。地表面に赤玉で化粧したら濁らないんじゃないですかね?
- | Nature Garden | URL | 2011.07.06(Wed) 21:06:29 | [EDIT] | top↑ |

お名前
タイトル
メール
BLOG・HP

[     ]
Trackback URL
http://naturegarden888.blog9.fc2.com/tb.php/458-ed2d49e4