RSS|archives|admin
:

自然を楽しもう! 園芸(チランジア、その他植物)、アクアリウム(水草、観賞魚)のNature Gardenへようこそ!

【宣伝】
(園芸関連)
・エアープランツ(チランジア)絶賛販売中(普及種から珍種まで常時約100種類在庫有ります)
・原種ベゴニア、ジュエルオーキッドなども多数あります
・多肉植物もあります

(アクアリウム関連)
・水草は100~180種類販売してます(販売可能種は激しく変動します)
・AIネットCO2フルセット キューブセカンド 価格下がりました 7998円
・AIネット熱くなり過ぎない超小型電磁弁電磁弁 価格下がって新登場 4998円
・CO2ボンベ 1本596円 5本2345円   (全て税込)

(フェアトレード関連)
・フェアビーンズコーヒー販売中!

【通信販売】←クリック
水草・チランジア・ジュエルオーキッド・ベゴニア・その他植物・生体・用品など

【各種情報発信メディア】
   
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
ブログ・・・入荷リスト、水草記事、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)など
ツイッター・・・ほとんど全ての情報、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)
インスタグラム・・・ギャラリーとしてのみの利用
フェイスブック・・・ブログ記事のリンクのみ


家康処方2日目

2011.04.12 Tue
家康処方2日目

白濁は継続中なり←イニシャルスティック舞い上がりすぎ

水質の推移:
初日消灯前(二酸化炭素添加中)pH6.5
本日点灯前(二酸化炭素添加無)pH6.4
本日消灯前(二酸化炭素添加中)pH6.9

消灯中は二酸化炭素の添加はしておりませんが、水草が呼吸を行い、二酸化炭素を放出するのでpHが低く保たれています。本日の消灯前のpHが上がっているのは、植物が二酸化炭素を吸収し、尚且つ、二酸化炭素の供給が少し足りないことを示しています。この推移から判断すると、二酸化炭素添加量を増やし、点灯時でもpH6.4~6.6程度を維持するくらいに調整するのがベストです。試験管をシェイクして曝気するといずれの時間帯に於いてもpHは7.0程度を示すので、6.9は限りなく枯渇に近い値です。もちろん、これらの値はKHによっても違いますので、この限りではありません。名古屋近郊では通常KHは1~2ですからpHは6.5~7.2くらいの間で行ったり来たりするのが標準です。

この水槽のようにKHが0.6~0.7程度しかないのにpHが6.9まで上がるというのは明らかに二酸化炭素が不足してます。このKH値であれば、やはり添加時のpHは6.5程度には落ちていないといけないです。

ただ、無添加で枯渇しているとの、添加有りで枯渇しているのとでは意味合いが違います。添加していれば、見かけ上は枯渇していながらも、常に供給もされているので、言い方を変えれば、需要と供給が合っているとも言えます。KHが0.6であっても完全に枯渇すると実はpHは8くらいにまで上がります。ここで面白いのは、この時にエアレーションするとpHが下がるのです。これは大気中の二酸化炭素が溶け込むからです。二酸化炭素添加時にエアレーションするとpHは上がりますが、完全枯渇時に行うと下がるのです。ただし、完全枯渇は通常は起こらないです。

ということで二酸化炭素の添加量はこのままいきます。120cm水槽160w照明で1秒1滴は明らかに少ないですが・・・・
IMGP8686.jpg


なんにしても健全に光合成が行われているようなので安心しています。

総硬度GHは1.5のままでした。たぶん、この値はこのまま推移しそうな気がします。導電率は今日も測れず。明日の機嫌に期待。


いつもなら、この時点で水換え1/2くらいしてます。あえて今回はしません。
※栄養系ソイルなら迷わず水換えしてください。吸着系(非栄養系)ソイルならしなくても大丈夫です。



ところで、昔(2004年くらい?)今回と同じように家康を決め込んだ実験をしたことがあります。
IMGP8687.jpg
アマゾニアを敷いて、肥料の投与は元肥・追肥一切無し。水換えも一切無し。一日中、二酸化炭素添加で夜間エアレーション←タイマー管理。やることは足し水と給餌のみ。

結果うまくいきました。しかし、養分の枯渇とともに3ヶ月程度で衰退していきました。pHとGHは計測しておりませんでしたが、GHは1.0以下、pHも6.0以下だったはずです。おかげでパールグラスは見事に溶けました。ラージパールですら微妙でした。1回でも水換えしてればラージパールは大丈夫だったと思います。他の水草(ニューオランダ、グリーンロタラ、アンブリア、スターレンジ、リシア、ロタラ・ロトンディ、レッドルドウィジア、ロタラ・マクランドラ、グロッソスティグマなど)は絶好調でした。特にロタラ類は最強になってました。羨ましい~。

藻類の発生状況は記憶しておりませんが、写真を見る限りでは特に発生していないようです。


関ヶ原バチコイ


4/12 22:30追記:
消灯2時間後のpHを測ったら、6.5でした。二酸化炭素添加時の日中の方が明らかに高い値です。日中の光合成も夜間の呼吸もスムーズに行われているようです。そんなことに感心してないで二酸化炭素の添加量増やせって話なんですけどね。

ちなみに120cmレイアウトのほうはpH5.5で、曝気後6.2でした。なので昼間は6.0前後かと思われます(二酸化炭素無添加)
硝酸・リン酸蓄積傾向か?

30cmキューブはpH6.8で、曝気後7.4。
スポンサーサイト


Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:水草 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<パレスチナのオリーブオイル | HOME | 過ぎたるは及ばざるが如し>>
お名前
タイトル
メール
BLOG・HP

[     ]
Trackback URL
http://naturegarden888.blog9.fc2.com/tb.php/413-7b2af24d