FC2ブログ

RSS|archives|admin
:

ティランジア(エアープランツ)専門店のNature Gardenへようこそ! IMG_20190703_153423.jpg

ティランジア(エアープランツ)取り扱い種類数中部地区No.1!
普及種から珍種まで常時約170種類以上在庫有ります

・多肉や水草、その他植物もあります

【通信販売】←クリック
チランジア・水草など

【各種情報発信メディア】
    
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
Blog・・・入荷リスト、栽培日記、商品紹介、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)等
Twitter・・・個別入荷品目紹介、商品紹介、日常呟き、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)、通販やりとり等
Instagram・・・個別入荷品目紹介、商品紹介などギャラリーとしての利用、通販やりとり等
Youtube・・・植物や日常の雑談や文章にしづらいことを語ったりしてます
Facebook・・・ブログ記事のリンクのみ
愛知県 岐阜県 名古屋市 瀬戸市 エアープランツ ティランジア チランジア Tillandsia


奥が深いぞ・・・・

2010.07.28 Wed
IMGP3720.jpg
キントキムシ(仮名)の2度にわたる猛襲にあいましたシマトネリコ(画像左側の木)ですが、なんとか乗り切ったようです。基本はテデトールですが、ダメもとでオルトラン粒剤を根元に散布しました。何が効いたのかわかりませんが、今では1匹もいません。


IMGP3717.jpg
例のベゴニアの隣に勝手にコリウスが生えてきました。種が飛んできたのか、最初から入っていたのか。


IMGP3718.jpg
春に楽しんでいたビオラのこぼれ種子から発芽した株がいくつかありますが、なんということでしょう、つぼみが出てきちゃいました。この時期にビオラが咲く?!それ以前に、この暑さでなぜ弱らないのか?不思議です。ちなみに先日紹介させていただきましたフクシアはやっぱり駄目でした。たった1日で大ダメージ。急遽店内に移動しまして、それ以降はダメージを受けていません。


IMGP3715.jpg
外の水草は毎日表情が違います。ハイスペック環境なので、生長が非常に早いです。


IMGP3713.jpg
ガーデンプールからロタラ軍がプランタービオに侵攻してきました。


昨日、硝酸濃度が0ppmになっていたので、10ppmまで引き上げたガーデンプールですが、今日も10ppmのままです。う~ん、なるほど・・・。この植物量に対して、この水量で10ppmなら1日で吸収できると思ってましたが、そうはならないようです。これ、例えば、カリウムに関して言えば、1日で吸収できると思うんです。5~10ppm程度のカリウムであれば、吸収に半日もかかりません(炭酸カリウムを用いた実験)。やっぱり硝酸の吸収って時間かかるんだ・・・・実感しました。

しかも、硝酸は微量元素中のモリブデンを必要とする酵素によって植物体内でアンモニアに変換してされてから植物はそれを利用しますので、吸収したとしても利用するまでに更に時間がかかります。植物はアンモニアも吸収しますが、その場合は、アンモニアをそのまま利用するので、硝酸よりも早く効きます。

この栄養素別の吸収の時間差はいろいろと重要な気がします。

ちなみに、ガーデンプールのpHは7.0から6.0に下がっていました。硝酸が0になったらpHも7.0に戻るのでしょう。


いろいろ数値を調べていますが、通常、ここまで調べる必要は全くありません。でも、pHは重要だと思います。6.0でも7.0でも大きな違いはありませんが、例えば5.0以下であったり、8.0以上であったり、そういう極端なものは問題です。5.0以下では魚にダメージがありますし(魚種によってはむしろこのくらいのほうがいい場合もありますし、急変でなければ意外と耐えたりします)、植物では養分吸収の鈍化が起こります。逆に8.0以上ともなると、無害なアンモニウムが有害なアンモニアガスへと変化しやすくなり、植物においても養分吸収の鈍化が起こります。いずれにしましても、pHは5.5~7.5程度の間に収めておくのが吉かと思います。基本に忠実に管理していれば、通常この値から外れることは少ないです。

ただ、原水のKH(pH変化に対する緩衝能力の値)が全国的に見ても低い愛知県、特に名古屋市を含むその周辺にお住まいの方は注意が必要かもしれません。この値が高ければ、多少肥料が多くても、多少水が硝酸やリン酸で汚れてもpHはほとんど変わりませんが、この地域では、その許容範囲は「極めて狭い」とお考えください。

氷の入ったグラスに熱湯を注いでも、氷による緩衝能力のおかげで、グラスに入ったお湯はぬるくなりますが、空のグラスに熱湯を注げば、グラスの中はもちろん熱湯です。pHとKHの関係も同じことです。
スポンサーサイト





Theme:ガーデニング | Genre:趣味・実用 |
Category:自然とあそぼ(趣味の園芸とか) | Comment(5) | Trackback(0) | top↑ |
<<アンティークショップtwindolphin さんへ行ってきました | HOME | 飢餓>>

no subject

今回もためになります。
以前、サンゴ片を水槽にいれてらしたのは緩衝作用を期待してなんですよね。
実はあれに我が家の川魚が救われました♪

以前川魚水槽でpH=5.0以下KH1.0以下になって調子を落としてしまったことがあります。
色々考えた結果、原因は「餌のやりすぎと換水不足」でした。
更に大磯を酸処理したので緩衝能力もゼロ・・・。
完全に僕の落ち度です。

悩んでいた時にサンゴ片の話を思い出しました。

今は換水量を増やして、濾過槽にカキガラを入れてます。あとはマツモ投入です。
これでpH=7.5、KH=3.0くらいで安定しました。
ただ、緩衝作用の結果か、GHは爆上げでした。(10.0に上昇)
硝酸塩はいまだに50mg/l以上を計測しますので、そのせいかも知れません。
今はゼオライトを通した水で換水して少しずつGH調整をしています。
onUe5byo | レオン | URL | 2010.07.28(Wed) 23:38:10 | [EDIT] | top↑ |

no subject

いつも解りやすい考査ありがとうございます!
突然なんですが、彼女が飼っていたパキラが瀕死(ってかすでに死亡?)
してしまっって、復活させたいなー・・・
みたいな記事をアップしたのですが、
神田さん的にどう思われますかね・・・?(写真をアップしています)
お手数をかけますが、一度ご意見うかがいたいです。
- | kohta1985 | URL | 2010.07.29(Thu) 00:10:16 | [EDIT] | top↑ |

レオンさんへ

以前は確かに水草水槽にもサンゴを使っていました。肥料の濃度をあげるためには、サンゴが必要でした。60センチでアクアフローラを3ついれようものならph5.0に簡単に下がります。サンゴ使用で6.0~7.0を保ってました。農業や園芸でも、phが下がりすぎたら石灰を使います。

今はそこまではしないです。6.0以下になったら、1/10程度の水換えをして調整してます。phは5.5~7.5が小吉、6.0~7.0が中吉、6.5が大吉だと思っています。5.0以下、8.0以上は凶です。
- | nature garden | URL | 2010.07.29(Thu) 01:11:17 | [EDIT] | top↑ |

kohta1985さんへ

写真見ました。
こ、これは、、、お気の毒ですが、お亡くなりになっています。

と普通ならそうかもしれませんが、

幹をナイフで削って下さい。緑っぽさや、水気があれば生きているかもしれません。なければ、次は幹を真ん中で輪切りにして下さい。それでも生気が感じられなければ、助かりません。

生きていたら、新しい用土で植え替えて下さい。生きていさえすれば、発根発芽の可能性は十分にあります。パキラは生命力の強い植物です。
- | nature garden | URL | 2010.07.29(Thu) 01:25:16 | [EDIT] | top↑ |

no subject

返答ありがとうございます!
輪切りにしてみましたが、中まで完全に乾いていました・・・
どんだけ水やってなかったんだ奴は・・・・
すいません↓↓お手数をおかけしました。
- | kohta1985 | URL | 2010.07.29(Thu) 09:30:25 | [EDIT] | top↑ |

お名前
タイトル
メール
BLOG・HP

[     ]
Trackback URL
http://naturegarden888.blog9.fc2.com/tb.php/220-5b28253c