RSS|archives|admin
:

自然を楽しもう! 園芸(チランジア、その他植物)、アクアリウム(水草、観賞魚)のNature Gardenへようこそ!

【宣伝】
(園芸関連)
・エアープランツ(チランジア)絶賛販売中(普及種から珍種まで常時約100種類在庫有ります)
・原種ベゴニア、ジュエルオーキッドなども多数あります
・多肉植物もあります

(アクアリウム関連)
・水草は100~180種類販売してます(販売可能種は激しく変動します)
・AIネットCO2フルセット キューブセカンド 価格下がりました 7998円
・AIネット熱くなり過ぎない超小型電磁弁電磁弁 価格下がって新登場 4998円
・CO2ボンベ 1本596円 5本2345円   (全て税込)

(フェアトレード関連)
・フェアビーンズコーヒー販売中!

【通信販売】←クリック
水草・チランジア・ジュエルオーキッド・ベゴニア・その他植物・生体・用品など

【各種情報発信メディア】
   
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
ブログ・・・入荷リスト、水草記事、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)など
ツイッター・・・ほとんど全ての情報、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)
インスタグラム・・・ギャラリーとしてのみの利用
フェイスブック・・・ブログ記事のリンクのみ


水槽いろいろ

2010.07.04 Sun
IMGP3540.jpg
6月11日にリセットした水槽です。

   ↓

IMGP3532.jpg
進展遅し。グロッソスティグマは順調に育っていますが、ヘアーグラスは、むしろ減った?なくらいです。藻類の発生は皆無、窒素充足量は20%でしょうか。なんとかします。


IMGP3541.jpg
6月12日にリセットした水槽です

  ↓
IMGP3533.jpg
これから、ニードルリーフルドウィジアの差し戻しを行います。プラティが右手前の砂利をほじくり返すので、直してもすぐに穴があきます。グロッソは・・・まだまだですねぇ。


IMGP3543.jpg
この水槽も、つい先日リセットしました。

 ↓
IMGP3535.jpg
なれの果てです。後景はディディプリス、前景はグロッソスティグマです。グロッソは早くも立ち上がっていますね。これは栄養不足です。


IMGP3542.jpg
この10cmアクアテラミニリウムもリセットしました。

  ↓
IMGP3538.jpg
こ、これには事情があるのです・・・時間をください。水草はグロッソスティグマと、ヒドロトリックス・ガードネリ、ニューパールグラスです。


IMGP3534.jpg
なにげなく、水草を上から見ています


今日は・・・・平日のようです・・・

bana.jpg バナー
   ↑ホームページ
スポンサーサイト


Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:水草 | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |
<<モテますか? | HOME | ちびマリモ>>

no subject

こんにちは。
一番上の青竜石(昇竜石?)が入っている水槽ですが、硬度はどんな感じでしょうか。
グロッソもラージパールもいい感じですね。もう少しでグロッソ絨毯って感じでしょうか。

- | ごめす | URL | 2010.07.04(Sun) 23:47:20 | [EDIT] | top↑ |

no subject

そうそう、うちの10cmキューブですが、水上葉が軒並みハダニにやられてしまいました。水上葉はむずかしいですね。

立ち上げて3ヶ月経ちますし、そろそろリセットしないと駄目っぽいです。
- | ごめす | URL | 2010.07.04(Sun) 23:50:54 | [EDIT] | top↑ |

ごめすさんへ

こんにちは

硬度試薬(GH、KHとも)を切らしておりまして、実際の数値はわかりません。ただ、経験上、だいぶ高いと思います。大磯は3年ほど使い込んだものなので、硬度上昇はないはずですが、昇竜石は結構上げます。以前、同じような砂利環境で使ったときはKH3~4、GH6~7程になっていました(原水KH1~1.5、GH3)


水上葉育成の問題点なんですよね、害虫。

これ、まだわからないのですが。
園芸の常識では「養分過多(特に窒素)で吸汁性害虫がはびこりやすくなる」と言われていますが、僕は逆だと思っています。窒素分が不足して、葉が小さくなったり薄くなったときこそ危ないと考えています。

実際に今でも、養分が最適~過剰な睡蓮鉢とガーデンプールには一切害虫がつきませんが、確実に不足している抽水植物水鉢にはアブラムシがびっしりです(差し戻しにより水没させて現在は死滅しています)。ともに屋外環境で鉢同士は50cmほどしか離れていません。顕著です。ハイグロフィラはアブラムシに対して非常に弱いのですが、ガーデンプール内のものは全く侵される気配がありません。

ハダニはアブラーより厄介レベルは数段上ですね。水に弱いので霧吹きなので吹き飛ばす手もありますが、撲滅は難しいです。なんといっても、そのハダニの攻撃力でしょうか。アブラーの場合は植物の勢いが無くなる程度ですが、ハダニは枯らすんですよね。葉緑素ごと吸いつくすみたいな感じで。

あとは、「でんぷん」でやっつけるという方法です。
ホームセンターで必ず手に入ると思いますが、「粘着くん」とかそういう名前で売っていたりします。溶液を害虫に吹きつけて窒息させるというものです。そこそこの効果はありますが、やはり撲滅は難しいです。
- | NatureGarden | URL | 2010.07.05(Mon) 18:28:40 | [EDIT] | top↑ |

お名前
タイトル
メール
BLOG・HP

[     ]
Trackback URL
http://naturegarden888.blog9.fc2.com/tb.php/207-f24e5099