RSS|archives|admin
:

自然を楽しもう! 園芸(チランジア、その他植物)、アクアリウム(水草、観賞魚)のNature Gardenへようこそ!

【宣伝】
(園芸関連)
・エアープランツ(チランジア)絶賛販売中(普及種から珍種まで常時約100種類在庫有ります)
・原種ベゴニア、ジュエルオーキッドなども多数あります
・多肉植物もあります

(アクアリウム関連)
・水草は100~180種類販売してます(販売可能種は激しく変動します)
・AIネットCO2フルセット キューブセカンド 価格下がりました 7998円
・AIネット熱くなり過ぎない超小型電磁弁電磁弁 価格下がって新登場 4998円
・CO2ボンベ 1本596円 5本2345円   (全て税込)

(フェアトレード関連)
・フェアビーンズコーヒー販売中!

【通信販売】←クリック
水草・チランジア・ジュエルオーキッド・ベゴニア・その他植物・生体・用品など

【各種情報発信メディア】
   
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
ブログ・・・入荷リスト、水草記事、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)など
ツイッター・・・ほとんど全ての情報、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)
インスタグラム・・・ギャラリーとしてのみの利用
フェイスブック・・・ブログ記事のリンクのみ


南仁山

2014.07.15 Tue
こんにちは

Nature Garden店主の神田です


7月13日(日)

先日、ロタラsp.H'ra Gia Laiの件で、何て読むのかブログで回答を募ったところ、完璧な情報が得られました。

「Hラァジャライ」

最初のHは鼻に抜けるような感じで、発音はしません。カタカナでの表記は不可能ですが、するとすれば「ラージャライ」で良いと思います。私はラギアライと発音していましたが、それは明らかな誤りのようです。

お客さんのお勤め先にベトナムの方がいらっしゃって、わかりました。

そして、H'ra Gia Laiの意味ですが、なんと人名でした。ベトナムで超有名な建設会社の社長らしくて、人名がそのまま会社名になっているそう。街中の看板でよく見かけるそうです。水草には全く関係ないと思われ、採集した人か、あるいは関わった人が、適当に名前をつけたのでしょう。日本で例えて言うと、ロタラspトヨタ みたいな感じでしょうか。



そして、もう一件。これは超個人的な興奮ですが、ロタラ・ナンセアン


水草を始めたばかりの頃に出会ったロタラで、大変思い入れのある水草なのです。
育成が難しくて、店頭でも現在はウンコ化しています。

で、学名はRotala nanjenshan

意外と気づいたのが最近(2~3年前)なのですが、もろ北京語なんですよね。
そして、調べると、ナンセアンは台湾原産だということがわかりました。

語源というか、明らかに地名なので、その場所が知りたかったのですが、結局わからずじまい。

「nan」は「南」か「男」、「shan」は「山」か「杉」 問題は「jen」。北京語の発音表記「jianジェン」のことかな?と推理して、「建」「尖」「剣」このあたりかと思い、「南尖山」かな?とかいろいろインターネットで検索しましたが全てヒットせず。

そして、昨日、台湾で最大かと思われる水草図鑑のサイトを観ていたら、ついにきました!


「南仁山」

これがナンセアンnanjenshanのもとの意味。カタカナ表記するならば「ナンレンシャン」


そして、ここで超個人的に興味深かったのが、「仁」ならば「ren」であるはず!なぜ「jen」なのか?

台湾訛りなんです。大陸の方だと「レン」に近い発音なのですが、台湾だと個人差はありますが「ゼン」に近くなります。それをそのまま学名にしてしまったわけだ。台湾では実際こういうことはよくあるんです。「ナンレンシャン」を台湾訛りで発音すると「ナンゼンサン」。確かに「ナンセアン」っぽい。

で、「南仁山(台湾でのナンセアンの通称は黄松尾、或いは小百葉)」は水草名ですが、場所としては「南仁山」にある「南仁湖」で採集された模様。

地図
↑南仁山は台湾最南端にあります。気候区分は熱帯。


出典
↑台湾の固有種であるとの表記もあります。育成に関しては、育成自体はそれほど難しくないが、美しく育てるには、光や肥料成分など多くの注意を払って挑まなければいけない、と書いてあります。




ナンセアンが、より一層好きになりました。
なんとしてでもナンセアンを攻略しなければいけないと奮起してます。
現状ウンコですが。




7月14日(月)

今日は草を新たに12種類入れました。大半が難物。

ワールドカップについて、私は何もわかりません。すみません。

自分が話題に付いていけないランキング

1位 車
2位 球技(特にサッカー、野球など)
3位 プリキュア

でも、水草のワールドカップならアリ。もちろんレイアウトじゃなくて、日本代表「ミズスギナ」 台湾代表「ロタラ・ナンセアン」 インド代表「ロタラ・マクランドラ」みたいな感じで美しさを競う。子供の頃に遊んだガンケシとかキンケシみたいに並べて競う。上から観る美を競ったり、横から、或いは水上。匂いとかも。より官能的な草が勝利する。もちろん、コンディションは勝敗を大きく左右する。


IMGP296800.jpg
アンブリア(普通の東南アジア産)
秋になったら、故郷のほうの田んぼに行って、キクモ(アンブリア)をとっ捕まえます。日本産のアンブリアはミズスギナに匹敵する美しさなのです。


IMGP296500.jpg
ポゴステモンspロングリーフ
ミリオフィラムspガイアナドワーフが一気に溶けたのと本種がイジケたのが結構同じタイミングで、終わったか・・・・と落胆、という境地でもなく、どちらかというと怒りに近いものがありました。両種ともなんとか復活を遂げて、今度は、またイジケるんじゃないかと不安。怒りと不安が交錯。そういうことは割と短いスパンで繰り返されることが多いから、やっぱり交錯なのだ。


IMGP296400.jpg
久しぶりに100点のミズスギナ。水面付近まで行ったものもイジケていません。


IMGP296600.jpg
ロタラ・マクランドラ
87点
うちの場合、マクランドラの平均は0~20点での推移なので、87点は奇跡的な数値です。

IMGP296700.jpg
同じ時に上から観た様子。
観る角度で色を変える離れ業は高得点間違いなし。上位狙える草ですが、コンディションによって違いすぎるので、1位かドベか、そのくらいの幅でポテンシャルがある草。



レイアウト水槽は、少しずつ栽培水槽へと変更させていくつもりです。とりあえず、CO2を強制添加できる環境にある水槽は真っ先に白羽の矢が立ちます。なんにしてもグロッソスティグマとショートヘアーグラスの専用水槽がひとつ必要。もう半年ほど生産をストップしてしまっており、なんとかしなければいけません。30cmを半分に割るか・・・。







onlineshop.jpg←クリック
一本注文歓迎
少量多種注文歓迎

在庫数は常時変動しております。メール返信にて出荷可否をお知らせしております。

 愛知 名古屋 瀬戸 水草 アクアリウム ショップ 熱帯魚 フェアトレード 育成 栽培 レイアウト 金魚藻 ホテイアオイ めだか カボンバ
スポンサーサイト


Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:水草 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<スイカの収穫 | HOME | 極楽浄水>>
お名前
タイトル
メール
BLOG・HP

[     ]