RSS|archives|admin
:

自然を楽しもう! 園芸(チランジア、その他植物)、アクアリウム(水草、観賞魚)のNature Gardenへようこそ!

【宣伝】
(園芸関連)
・エアープランツ(チランジア)絶賛販売中(普及種から珍種まで常時約100種類在庫有ります)
・原種ベゴニア、ジュエルオーキッドなども多数あります
・多肉植物もあります

(アクアリウム関連)
・水草は100~180種類販売してます(販売可能種は激しく変動します)
・AIネットCO2フルセット キューブセカンド 価格下がりました 7998円
・AIネット熱くなり過ぎない超小型電磁弁電磁弁 価格下がって新登場 4998円
・CO2ボンベ 1本596円 5本2345円   (全て税込)

(フェアトレード関連)
・フェアビーンズコーヒー販売中!

【通信販売】←クリック
水草・チランジア・ジュエルオーキッド・ベゴニア・その他植物・生体・用品など

【各種情報発信メディア】
   
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
ブログ・・・入荷リスト、水草記事、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)など
ツイッター・・・ほとんど全ての情報、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)
インスタグラム・・・ギャラリーとしてのみの利用
フェイスブック・・・ブログ記事のリンクのみ


琴線に触れる

2014.06.17 Tue
こんにちは
Nature Garden店主の神田です。

今日はうだうだ書いていきます。

昨日は子どもの懇談会に出席しました。グループ懇談会で、いきなり一番前にいた自分から話すことになって、実はその時、目を開けたまま居眠りしてて、「え?あ?へ?」みたいなへまをしてしまいました。



最近、方言が熱い。

うちの場合だと父が鹿児島出身なので、なにかしかの薩摩弁らしきものを聞いたりします。最近はだいぶ名古屋弁もいけるようになっているっぽいですが。

昔から、聞いててかなり違和感を感じるのが

「太い」

という表現。大きいという意味で使うんですね。ってことを長崎出身の友人に言ったら、長崎でも同じだそうです。

「太い」と「大きい」の区別が無いらしいのです(そのあたり出身の方でご意見があれば是非)。

こちらだと「太い足だなぁ」とは言うけど、「太い顔だなぁ」とは言わないですよね。


あと、父の口癖だと思っていたものが実は方言だったと発覚。いわゆる「え?これ方言なの?系」。

突然、液体が体にかかった時に

「いちゃ」っていうんです。調べたら、「いっちゃ」「いっちゃび」などという人もいるそうです。これは鹿児島地方特有のものだそうです。近くに鹿児島出身の人がいたら、水鉄砲などで試してみてください。たぶん出ると思います。

子どもの頃は私も言っていた気がしますが、もう言わないですね。







Johann PachelbelのCanon

私たち夫婦の結婚式の時に、台湾からわざわざ来てもらった友人(ウクレレ)と私の父(アコースティックギター)に、私のリクエストで演奏してもらった曲です。Youtubeでいろいろな演奏がありますが、この人たちの演奏が一番好きです。技術面はもちろんのこと、余裕をもって演奏しているように見えるし、なにより楽しそうだから。

最近は、寝床に入ってからイヤホンを使って一人の世界に入って聴いています。一日の中で唯一完全にリラックスできるひと時です。何も考えずに美しい音楽の中に入っていくのは、まさに至福。ただ、弦楽器の仕事をしている自分の親父に似てきた感が否めず、なんともいえない敗北感があったりします。

前年度に聴きに行った弦楽四重奏演奏会がとても良くて、まさに琴線に触れるといった感じで、今年度は遂に年間通し券で買うつもりです。毎回チケットを買いに行くのが猛烈に面倒ですし。
年4回の楽しみです。でも、聴きながら、このまま死なせてくれ、と思ってしまう空間って、軽く危険ですが。

こんな演奏のように美しく植物を育てることができたら、どれほど楽しいでしょうか。息が合ってないと駄目なんだな。そして緻密に。

それにしても、西洋人は年齢不詳ですよね。一番左の美しい人は40歳にも見えるし、もしかしたら20代前半かもしれないし。右の男性は最初40代かと思ったけど、よく見たら30歳ジャストくらいか、もっと若いかも。鼻も高い。でも鼻が高いってことは穴も大きい?とか思って、よく見たら確かに大きい。親指が入りそう。

そして、総括としては、やっぱりこの手の楽器は西洋人が似合いますね。楽器と人が同じ顔してる。日本人だと三味線と顔が似てるのかな。琴とか。まぁもちろん見た目じゃないのですが。でもひとつ言えることは、琴や三味線の奏者は和服を着ていて、ヴァイオリンなどの奏者は洋服を着ている。


IMGP278900.jpg
自分はこの2年ほどは全く使わなくなっていた水草用の三大要素肥料。通称カミナリオコシ。何人かのお客さんはこの肥料を高く
評価しています。ただ、砂利や時間の経過したソイルの場合は多少微量要素の添加もしたほうがいいと思います。微量要素は必要量がかなり少なく、過剰害が出やすいにも関わらず欠乏すると成長できなくなるので、さじ加減が三大要素より難しいと感じます。餌や水道水由来のもので足りる場合もあるし、足りない場合もあるようです。

園芸の場合だと、自分は牛糞堆肥で微量要素の補給をしています。三大要素では治らない色抜けが起こった時に牛糞を施すと治ります。こういうもので補給する場合は過剰害がでにくいようですが、化学合成された微量要素添加材は使用量の見極めが重要です。メーカー規定量は総じて過剰だと感じます。

先週、久しぶりにカミナリオコシを使ってみました。もはや懐かしさを感じます。固形物が鬱陶しく感じますが、コーティングされているのは大きなメリットでしょうねぇ。最近は以前のような焦燥感がなく、こういうことを割と楽しみながらやっています。

これとは別件ですが、ホシクサ用に立ち上げた水槽にとりあえず植えたロタラ・マクランドラがひっさしぶりに綺麗に育っています。的を射るのがかなり難しい草なので嬉しいのですが、究明には時間がかかります。


onlineshop.jpg←クリック
一本注文歓迎
少量多種注文歓迎

すみません。在庫数とか全然反映していません。都度お尋ねください。

 愛知 名古屋 瀬戸 水草 アクアリウム ショップ 熱帯魚 フェアトレード 育成 栽培 レイアウト 金魚藻 ホテイアオイ めだか カボンバ
スポンサーサイト


Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:水草 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<昆虫用品特価品 | HOME | ある日の昼下がり>>
お名前
タイトル
メール
BLOG・HP

[     ]