RSS|archives|admin
:

自然を楽しもう! 園芸(チランジア、その他植物)、アクアリウム(水草、観賞魚)のNature Gardenへようこそ!

【宣伝】
(園芸関連)
・エアープランツ(チランジア)絶賛販売中(普及種から珍種まで常時約100種類在庫有ります)
・原種ベゴニア、ジュエルオーキッドなども多数あります
・多肉植物もあります

(アクアリウム関連)
・水草は100~180種類販売してます(販売可能種は激しく変動します)
・AIネットCO2フルセット キューブセカンド 価格下がりました 7998円
・AIネット熱くなり過ぎない超小型電磁弁電磁弁 価格下がって新登場 4998円
・CO2ボンベ 1本596円 5本2345円   (全て税込)

(フェアトレード関連)
・フェアビーンズコーヒー販売中!

【通信販売】←クリック
水草・チランジア・ジュエルオーキッド・ベゴニア・その他植物・生体・用品など

【各種情報発信メディア】
   
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
ブログ・・・入荷リスト、水草記事、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)など
ツイッター・・・ほとんど全ての情報、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)
インスタグラム・・・ギャラリーとしてのみの利用
フェイスブック・・・ブログ記事のリンクのみ


Trace elements

2014.03.18 Tue
こんにちは
Nature Garden店主の神田です。

私は雨が大好きですが、今日は晴れてほしかった。
なんとなくそう感じました。


IMGP240400.jpg
テトラのコンプリートサブストレイト+(川砂利)で立ち上げた水槽は4日経過して、今のところ順調です。

特筆すべきはKHが下がったこと。2.0から1.0まで下がりました(0.5に近い感じ)。pHは夜間7.1、貯蔵式(テトラCO2添加キット)の二酸化炭素を添加し始めて1時間後は6.8。

さすが川砂利はKH/pHを上げませんね(ロットの差はあるとは思いますが)。降下に関しては、サブストレイトに含まれるピートで下がったということでしょう。

この時点では、大磯砂イニシャルスティックと比べると遥かに有利です。イニシャルスティックは水草の栄養剤としての組成は良いと思っていますが、欠点は即効性が無さすぎること。追肥で硫化水素を発生させることがあること(特に砂底床において)。イニシャルスティックはもともと砂利用の栄養剤ですが、むしろソイルで使う方が活かせると感じます。初期はソイルの養分に頼り、それが弱くなってきた頃にはイニシャルスティックが効いている。ソイルだと追肥しても腐りにくいですし。もっとも、それを回避するためのテトラクリプトなのですが。テトラクリプトは本当に重宝します。似たものでは、デナリーのE-15があります(基本的にもう輸入はされていないようです)。ところで、台湾のショップではこれが売っていましたが、ありえないくらい高くて、買えませんでした。富裕層に属したいと心底思いました。

個人的に、イニシャルスティックの使用頻度は激減して、テトラクリプトに頼り切っています。ただし、ソイル底床であまり手をかけずにゆっくり水草を楽しみたい方はイニシャルスティックはかなり重宝します。実際、店頭でも、手軽にゆっくり無難に楽しみたいお客様にはそのような組み合わせでご案内することが多いです。目的次第です。

という感じですが、コンサブ+砂利で、コケも生えず初期から上手く育ってくれたら、それはとても良いことです。足りなくなってきたらテトラクリプトやカミハタ水生植物用肥料などを適宜追肥すればよいわけですし。微量要素やピートが含まれ、KH※も下がり、底床微生物も
活性化しやすいし、初期管理はしやすくなるのではと期待しています。※KHに関しては下がるとは書いてありませんが、今回使った限りでは下がりました。

とにかく、求められているのは、「初期の安定感」これは他の有名な立ち上げ方にしても、当店の立ち上げ方にしても、依然として、やや難があり、改良すべきなのです。


とりあえず、しばらくは水換えを少な目で、どうなっていくのか観察したいと思います。今のところ、まだ水換えはしていません。


「礫Sサイズ」に関しては、10kg袋からの量り売りを始めました。1kgあたり300円です。コンサブも小分けでの販売もしています。

この記事をご覧になって、勇み足?でコンサブを使いたくなった人は、小袋で販売してますので、是非どうぞ。










店のブログを始めてから、私の文章にお褒めの言葉を頂くことが多いです。大変ありがたいですし、とても嬉しいことです。
しかし、幼少時からずっと文章を書く事を苦手視していましたし、実際に苦手でしたので、違和感はありますね。そんなこと言われたことも無く、むしろ・・・・といった具合です。

風刺を比喩で表現したり、文章に上下左右の流れを作ったり、複数の話題を混ぜたり、そういうことで遊ぶのが楽しくて楽しくてしょうがないのです。ただ、調子が悪いとうまく発想できなくて、中途半端に終わることもあります。むしろ、クズ文章のほうが多いと自分は思っています。自分が満足しているのは30回に1回くらいでしょうか。

タイトルは必ず最後に書いています。一つの記事が一つの作品になっていて、それに対して最後にタイトルを付けるのです。タイトルが冴えてない時は、文章が冴えてないからです。


2011年11月10日

こういう作品は自己評価高いです

人類の繁栄・衰退などの必然性をギリギリのところで核心に触れず、発音の笑いをダブルで絡めつつ、最後のオチが英語で終わっています。そして、タイトルが完全にキマッています。

ちなみに、中の記事に出てくる当時優位に立っていたミズハコベは現在では跡形も無く消え去っています(当時はミズハコベが消えるなんてことは全く想定していませんでした。でもなぜか消えた。絶対消えないと思ったから消えたのだと思います)



高得点です。まさにゴーストライターかと思わせるほど冴えています。

ただ、残念なのは、タイトルが






森山直太朗(御徒町凧)のパクリ





バナー ←クリック
一本注文歓迎
少量多種注文歓迎
スポンサーサイト


Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:水草 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<矛盾の塊 | HOME | 地力>>
お名前
タイトル
メール
BLOG・HP

[     ]