RSS|archives|admin
:

自然を楽しもう! 園芸(チランジア、その他植物)、アクアリウム(水草、観賞魚)のNature Gardenへようこそ!

【宣伝】
(園芸関連)
・エアープランツ(チランジア)絶賛販売中(普及種から珍種まで常時約100種類在庫有ります)
・原種ベゴニア、ジュエルオーキッドなども多数あります
・多肉植物もあります

(アクアリウム関連)
・水草は100~180種類販売してます(販売可能種は激しく変動します)
・AIネットCO2フルセット キューブセカンド 価格下がりました 7998円
・AIネット熱くなり過ぎない超小型電磁弁電磁弁 価格下がって新登場 4998円
・CO2ボンベ 1本596円 5本2345円   (全て税込)

(フェアトレード関連)
・フェアビーンズコーヒー販売中!

【通信販売】←クリック
水草・チランジア・ジュエルオーキッド・ベゴニア・その他植物・生体・用品など

【各種情報発信メディア】
   
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
ブログ・・・入荷リスト、水草記事、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)など
ツイッター・・・ほとんど全ての情報、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)
インスタグラム・・・ギャラリーとしてのみの利用
フェイスブック・・・ブログ記事のリンクのみ


梅干しは一粒だけ食うから美味い

2014.01.21 Tue
IMGP218900.jpg
リメイク中の120レイアウトの水換えをしました。

手前に見えるのはゾウのウンコではありません。なので、ゾウさんがいるわけではありません。
先日のブセファランドラsp西カリマンタンの売れ残りと新たに収穫した分をパワーハウスの溶岩石に括り付けて販売用としました。1480円です。他の作業優先なので、こちらのレイアウトはゆっくりやっていきます。


IMGP219100.jpg
記事にしたことがないのですが、実はうちにはグッピーがいて、それが結構人気なのです。私がエンドラーズとウィーンエメラルドを掛け合わしたもので、なかなかの美麗種と言って良いと思います。グッピーは基本的にこの120cmの水草販売水槽からの販売ですが、他の水槽からも出せます。ただし、その場合でも水は120cmのものを使用させていただきますので、ご了承ください。個体選別はご容赦ください(選別捕獲困難な為)。
1ペア580円です。


IMGP219000.jpg
他の水草販売水槽でも殖やしています。合計1000匹くらいはいると思います。
去年の夏に私のミスで大半を死なせてしまいましたが、ボトルネック現象(個体数が減ることにより遺伝的多様性が減少する)により、絞られて表現が均一化しました。


IMGP218600.jpg
ナガバノウナギツカミが全盛期の頃のようにたくさんの気泡を付けるようになりました。このところ、不調とはいかないまでも気泡の量が激減していました。


IMGP218700.jpg
絶不調から、低速で回復している水槽です。育成のそれほど難しくないルドウィジア・オバリスですら萎縮してコケにまみれていましたが、これはかなり復活しました。何よりも、完全にイジケて成長ストップしていたエウステラリスspダッセンが綺麗に葉を展開しているのが嬉しいところ。商品としてはお世辞にも良品とは言えませんが。


60cm販売水槽は相変わらずコケまみれで、吐きそうになるくらいヤバイですが、エウステラリスやロタラ類など一部の水草が急に成長を開始し、一縷の望みを抱かずにはいられません。写真は自主規制。

45cmのロタラのみ収容している水槽が一番良くないかもしれない。アオミドロ地獄。



実は1月9日までやっていた放置戦略は、はっきり言って状態を悪化させるだけでした。それから、ある仮説をもとに、1月10日から少しずつ行ってきた対処(4つの対処)が功を奏している模様。しかし、これでうまくいくなら今までの考え方が180度変わることになります。もし、万が一あの腐りきった60cmが復活するようなことがあれば、赤飯炊きますよ。しかし、深追いが禁物なのは自分がよく知っています。何か特定のものが良いということではなくて、あくまでバランスが大事だと思うのです。だから深追いしすぎると、逆に形勢逆転する恐れが生じます。これでもかと水草を打ち負かすことが目的ではありません。仲良くなるのです。




IMGP218300.jpg
子ども水槽
去年の12月上旬ごろに立ち上げて、まだ水替えをしていません。生体は1匹も落ちておらず、平和です。
クロモの他にフレイムモス(クリスマスの時にツリーに見立ててた)とエリオカウロン・キネレウムを追加で植えています。ホシクサはお客さんに頂いたのですが、恥ずかしながら販売水槽では枯れる可能性が高く、選ばれた水槽が奇しくも子供の水槽。やっぱりな、という具合ですくすく育っています。この水槽では逆にクロモの方が状態芳しくなく萎縮しています。水替えで治ると思いますが、まぁいいです。1週間ほど前にイニシャルスティックを少し施肥しました。こういう水槽にはまさに適している肥料だと思います。


IMGP218500.jpg
ライトの照射時間を3時間から6時間に増やしてからガラス面にコケが目立ち始めました(クロモの不良は光合成不足かもしれない)ので、イシマキガイを勝手に1匹入れました。娘がいつ気づくか。我が子ながら観察力が凄いので、たぶんすぐだと思います。自宅の水槽を模様替えしても妻は決して気が付きませんが、娘は必ず即日コメントします。

そうそう、この画像の通り、ミナミヌマエビがイシマキガイに乗っかって、ガラス面のコケを食べています。自力ではガラス面にへばりつけないので、イシマキガイを利用しているわけです。



大体の近況でした。

今日一つの卵を得るより、明日1羽の雌鶏を得る方を選ぶ、ってやつです。誰の言葉か忘れましたが。

スポンサーサイト


Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:水草 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<お知らせ | HOME | 抜く>>
お名前
タイトル
メール
BLOG・HP

[     ]