RSS|archives|admin
:

自然を楽しもう! 園芸(チランジア、その他植物)、アクアリウム(水草、観賞魚)のNature Gardenへようこそ!

【宣伝】
(園芸関連)
・エアープランツ(チランジア)絶賛販売中(普及種から珍種まで常時約100種類在庫有ります)
・原種ベゴニア、ジュエルオーキッドなども多数あります
・多肉植物もあります

(アクアリウム関連)
・水草は100~180種類販売してます(販売可能種は激しく変動します)
・AIネットCO2フルセット キューブセカンド 価格下がりました 7998円
・AIネット熱くなり過ぎない超小型電磁弁電磁弁 価格下がって新登場 4998円
・CO2ボンベ 1本596円 5本2345円   (全て税込)

(フェアトレード関連)
・フェアビーンズコーヒー販売中!

【通信販売】←クリック
水草・チランジア・ジュエルオーキッド・ベゴニア・その他植物・生体・用品など

【各種情報発信メディア】
   
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
ブログ・・・入荷リスト、水草記事、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)など
ツイッター・・・ほとんど全ての情報、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)
インスタグラム・・・ギャラリーとしてのみの利用
フェイスブック・・・ブログ記事のリンクのみ


空中と水中の狭間で

2013.06.23 Sun
IMGP138400.jpg
2年位前から栽培を始めたハイグロフィラ・ポリスペルマ“ロザエネルビス”です。本種は入門種として広く出回っている水草ですが、綺麗に育成するのは結構難しく、上級者の方ほど苦戦されています(育成自体は簡単ですが、発色させるのが難しい)。上級者の方は、この草が本当に美しいときの水中葉の状態や、その状態にもっていくことの難しさもご存じです。

私は、水草をレイアウトで使う“道具”としてではなく、植物体として捉え、栽培の仕方を常日頃から考えています。また、そうしてうまく育てられた時に発せられる魅力を感じ、また、そういったことを皆さんと共有したいと思っています。

このロザエネルビスは葉脈がピンク色に染まり、大変美しい水草ですが、どのように栽培したら、そのような美しさになるのかがわかりません。写真のものは、75点くらいでしょうか。これでも、うちでは良い方です。窒素分を減らす方向だと思っていましたが、どうも違うような気がします。窒素を減らすと、成長が止まるだけで発色が良くなるという経験をえられません。

お客さんで、本種を非常に美しく育てていらした方がおり、これについて対談させていただきましたが、結局のところ、よくわからないという答えです。確実なのは、光が十分に当たっていることが前提であることくらいでしょうか。

ただし、重要なのは、発色の良し悪しが状態の良し悪しには直接的には繋がらないということ。関連性がある程度ある場合がありますが、少なくとも、発色だけで状態の良否は決定できないと思います。

論旨が定まらないまま結論もなく、よくわからない感じですが、まぁ、健全に綺麗に育てたいなぁ~という欲求ばかり高まります。成功と失敗を行き来しています。



IMGP138600.jpg
趣味で栽培していたエアープラントが花を咲かせました。種名は失念。栽培環境は、窓際に置いて、ガラス越しではあるものの1日2時間程度直射日光が当たっています。50000ルクス程度の光が2時間当たっていれば、光合成は十分できると思います。灌水は2日に一度、霧吹きで水道水を与えています。たまに、有機肥料から作った液肥を薄めで混ぜています。

ちなみに、これは自分の失敗ですが、エアープラントは好光性の植物ですので、暗環境では成長しないばかりか腐ったりします。近年では雑貨店などでも多く見かけますが、出来るだけ光に当てるようにしてください。ただし、急に明るい所に移すと葉焼けを起こす可能性があるので、徐々に移していく馴らしが必要な場合もあります。


IMGP138800.jpg
スポンサーサイト


Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:水草 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<2つのパターン、或いは折衷 | HOME | 落書き>>
お名前
タイトル
メール
BLOG・HP

[     ]