FC2ブログ

RSS|archives|admin
:

ティランジア(エアープランツ)専門店のNature Gardenへようこそ! IMG_20190703_153423.jpg

ティランジア(エアープランツ)取り扱い種類数中部地区No.1!
普及種から珍種まで常時約180種類以上在庫有ります

・多肉や水草、その他植物もあります

【通信販売】←クリック
チランジア・水草など

【各種情報発信メディア】
    
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
Blog・・・入荷リスト、栽培日記、商品紹介、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)等
Twitter・・・個別入荷品目紹介、商品紹介、日常呟き、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)、通販やりとり等
Instagram・・・個別入荷品目紹介、商品紹介などギャラリーとしての利用、通販やりとり等
Youtube・・・植物や日常の雑談や文章にしづらいことを語ったりしてます
Facebook・・・ブログ記事のリンクのみ
愛知県 岐阜県 名古屋市 瀬戸市 エアープランツ ティランジア チランジア Tillandsia


ヌルハチ

2011.09.27 Tue
IMGP0085.jpg
120cm大磯砂レイアウト

水質
pH:6.0
KH:0.5
GH:1.5
EC:110μS

週一水換えでは追いつかないくらいpHが下がりがちなので、ろ過槽を強めに洗浄しました。給餌量が多いせいか硝酸・燐酸が蓄積する傾向が強いようです。
レッドカボンバは1週間で20cm伸びるようですが、ラージパールグラスは1ヶ月で3cmくらいしか伸びません。そして、ブリクサ・ショートリーフは前面を圧迫するようになってきました。グロッソスティグマは弱光に耐えながらギリギリ状態で生長しています。

この水槽ではコリドラスが自然繁殖しており、今回はろ過槽の中からミナミヌマエビとともに稚魚が出てきました。

IMGP0091.jpg
グリーンロタラは一時期調子を崩していました(人災)が、自然に回復してきました。このあたりの水草は水中の環境要素(水質、肥料)に気を取られすぎると失敗する気がします。

IMGP0092.jpg
ロタラ・ロトンディフォリア
光が強いほど葉が肉厚で丸くなります。

自分がロタラと相性が悪い理由は薄々わかっています。

1、底床の汚れに対して、他の人よりも無頓着(特に砂利の場合)
2、施肥方法に根本的な誤りがある


「ヘテランテラ事件」
ヘテランテラは周知のように、白化現象が起きやすく、悪化すると溶ける症状がでやすい水草です。症状としては肥料欠乏そのもので、通常はテトラクリプトの埋め込みで簡単に回復するものです。ところが、テトラクリプトを埋め込んでも全く回復しないことがあるのです。そうなると、今度は窒素が足りないのか?ということになりますが、それも効果なし。溶ける一方。悪化する一方。
大きなミスが存在します。

なぜ養分が不足しているのか?

1、養分が存在しない
2、養分はあるが吸収できない

汚泥がたまりすぎて底床の通水性(酸素量)が悪くなったり、肥料の過剰投与で肥料負けすると、根が養分を吸えなくなってしまいます。ここで肥料を更に埋め込むと悪化する一方なのです。

不調の原因がわからなければ、とりあえず底床掃除を行い、「0」に戻した後、次の一手を打つ。最小限の肥料投与。この時に使う肥料で、比較的安全で即効性があるものは「テトラクリプト」だと思います。出来るだけ細かく割って埋め込む。

底床の吸い出し掃除の後、テトラクリプトを少量施肥してヘテランテラを植えなおし。そして、あっけなく回復。

これはニードルリーフルドウィジアの差し戻し時の溶けにも当てはまるかと思います。


ちなみに私が語尾に「~と思います」と付ける時はかなり自信のないときです。「~なのでしょう」では、少し自信のないとき。「~かもしれません」は自信皆無。基本的に自分は言い切り系なので、語尾に何かつけるときは、何かあるときです。


上記の問題は土壌系底床だとあまり問題にならないようですが、砂礫系底床だと結構シビアに圧迫してくるようです。


IMGP0088.jpg
そして、プラチナソイル水槽は混沌(カオス)の世界へようこそ

1~2日中にトリミングします。

Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:水草 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |