RSS|archives|admin
:

自然を楽しもう! 園芸(チランジア、その他植物)、アクアリウム(水草、観賞魚)のNature Gardenへようこそ!

【宣伝】
(園芸関連)
・エアープランツ(チランジア)絶賛販売中(普及種から珍種まで常時約100種類在庫有ります)
・原種ベゴニア、ジュエルオーキッドなども多数あります
・多肉植物もあります

(アクアリウム関連)
・水草は100~180種類販売してます(販売可能種は激しく変動します)
・AIネットCO2フルセット キューブセカンド 価格下がりました 7998円
・AIネット熱くなり過ぎない超小型電磁弁電磁弁 価格下がって新登場 4998円
・CO2ボンベ 1本596円 5本2345円   (全て税込)

(フェアトレード関連)
・(ココウェル)プレミアムココナッツオイル 1026円(販売中)
・PeopleTreeチョコレート販売中!
・フェアビーンズコーヒー販売中!

【通信販売】←クリック
水草・チランジア・ジュエルオーキッド・ベゴニア・その他植物・生体・用品など

【各種情報発信メディア】
   
※ブログ・ツイッターがメインで情報発信しております


人間、癒しが必要です

2010.02.04 Thu
アクア・観葉の神田亮です

IMGP2230.jpg
小型水槽(レグラスcoco180H)に植わっておりますアンブリアがさわやかに育っております。使用しておりますバックスクリーンはコトブキ工芸のアクアフィルムという中性洗剤を使って張り付けるタイプです。貼りなおすことはできませんが、ガラスとの一体感は抜群です。また透明なので圧迫感がありません。オススメです。

ライトグリーンの水草と良く合うんですよね



IMGP2232.jpg
魚の販売水槽が魚が掬えないくらい水草がグイグイ攻めてきております。まさにNATURE!な感じです。硝酸の蓄積もほとんどありませんので、魚の調子も抜群でございます。


IMGP2234.jpg
浮き草のネグロウォーターファンもどんどん巨大化!そしてどんどん子株を増やしていっております。最初の仕入れは1株ですが、すでに30株以上に増えております。生長が早いので水質浄化にはもってこいのネグロウォーターファン。こちらも販売しております。ちなみにシダの仲間ですので、葉縁に不定芽を形成して増えます。ミラクルリーフってわかります?そんな感じです。


IMGP2235.jpg
水草販売水槽のハイグロフィラ・ポリスペルマですが、違う種類が混じってるんですよね。昔から気になっていたんですが、仕入れた時の水上葉の状態では全く同じなのに、水中化すると違いが出てくるんです。最初は育成環境の違いかとも思っておりましたが、さすがに同じところに植えてここまで違うっていうのは明らかに違うものですよね。特に分けませんのでお好きな方をどうぞ。ネイチャーガーデンでは現在ハイグロが異常増殖しておりますので、当分水上葉を仕入れることはないと思います。


IMGP2237.jpg
IMGP2242.jpg
IMGP2243.jpg
レッドビーシュリンプの日の丸Sクラス~も本日入荷しました(画像には並グレードの個体も写っています)


レッドチェリーシュリンプとインドグリーンシュリンプは現在ブリード中で、稚エビばかり何百匹といますので、もうしばらくお待ちください。ネイチャーガーデンではレッドビー以外のエビにもスポットを当てて、特にレッドチェリー、インドグリーン、タイガーシュリンプには注力していきます。急がずにやっていきますので、ボチボチ気長にお付き合いくださいませ。


今日はフェアトレード商品もいくつか入荷してるようです。また改めて神田Sのほうから紹介させていただきます。ハンドメイド石鹸も販売させていただきますが、私、実は石鹸フェチなのです。お風呂でも石鹸しか使わないです。界面活性剤や防腐剤などが使われておりませんので、人体に優しく、川に流れた後は二酸化炭素と水に分解されて地球にも優しいのです。

人にやさしく、地球に優しい  いいじゃないですか



bana.jpg
↑トップページ






スポンサーサイト
Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:開店までの道のり | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

ミネラル不足に御注意

2010.02.03 Wed
IMGP2222.jpg
正面にあります、レイアウト水槽兼生体(国産グッピー・ウィーンエメラルド、ミナミヌマエビ、イシマキガイ、レッドラムズホーン)販売水槽ですが、開店までに完成させることができませんでした。栄養素の添加量やバランスをもっと深く追求する必要がありそうです。しかしながら藻類の発生は一切なく、設置して1ヶ月半経ちますが、一度もガラスの掃除はしておりません。ただし、これは窒素が余剰していないから、というわけではないんです。イシマキガイやレッドラムズホーン、ヤマトヌマエビ、ミナミヌマエビなどが掃除してくれているからなのです。逆にこれが落とし穴になってしまうわけでありまして、一見きれいに見えましても窒素・リンは余剰する一方ですので水換えは必要です。生体量と水草の種類と量を考えまして窒素が不足することはありえません。給餌量は毎日大さじ一杯ですから。


IMGP2223.jpg
ミクロソリウムとクリプトは元気に新芽を伸ばして巨大化中ですが・・・・・・


IMGP2224.jpg
私が最も得意とする水草であるはずのグロッソスティグマに非常にてこずっております。とはいいましても、イニシャルスティックとフローラプライドの添加量を増やしてから新芽が急に伸び出しています。2週間前までは全く動かずでした。ちなみにここで水面を覆うほどに増えてしまったネグロウォーターファンとアマゾンフロッグピット、サルビニア・ククラータは生体の販売水槽に移っております。有茎草と浮き草のおかげで生体販売水槽ではほとんど水換えの必要がありません。


IMGP2228.jpg
レッドラムズホーンという大変美しい巻貝の一種です。実はこの貝、私がアクアリウムを始めた2002年に購入したものの累代繁殖個体なのです。この水槽内に大小合わせますと500匹以上いると思います。貝が良く育つんです、この瀬戸の水は。ここに引っ越す前は名古屋市の名東区に住んでおりましたが、そこの水は貝が育たないのです。つまり硬度(GH)が低いんですね。GH0~1で推移するという超低硬度なのでエビや貝には手を焼くわけです。ガラスにカルシウムの結晶が付着することも一切ありませんでした。この瀬戸市の硬度は高すぎず低すぎずで調度いいです。導電率も名古屋市内では60~80μsあたりでしたが、瀬戸市は100~130μsあります。KHも2なので、適度に緩衝能力もあって生き物を飼育するには非常に適していると思います。

ちなみに名古屋市内にお住まいの方はサンゴやカキガラを使用されますと貝が丈夫に育ちます(サンゴなどはpHが上がり過ぎる為、シュリンプには専用のミネラル添加剤をご使用ください)


bana.jpg
↑トップページ

Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:開店までの道のり | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

少しずつシュリンプに力入れていきます

2010.02.03 Wed
フェアトレード部門が自己紹介してますので・・・

アクアリウム・観葉植物部門を担当しております店主の神田亮です

本日、開店祝いのお花をいただきました。大変豪華なシンビジュームでございます。
IMGP2218.jpg
頑張らねばいけませんねぇ、本当に。


IMGP2220.jpg
メダカ販売水槽の水草たちがとんでもないことになってまいりましたが、水草が水面に棚引いてる状態が私のツボですので、あえてこのままで。写真では良さが全く伝わりません。ちなみに、魚の販売水槽に植わっている水草も販売可能ですので、御遠慮なく仰っていただきたく思います。ただし、切り売りとなりますので御了承下さい。お値段はその都度御相談下さい。

今週木曜日に「進入禁止~ほぼモスラの色濃厚タイプ」のレッドビーが10匹入荷します。お値段は前回入荷分のモスラと同じ価格設定になりまして、1匹¥6980(5000円以上のお買い物で15%引きになりますので、自動的に¥5933になります)で販売させていただきます。グレードの底上げをされたい方、種親として使いたい方、是非お買い求めください。ちなみに前回入荷分のモスラは状態抜群でしっかりツマツマしております。

今日は、まだ開店前ですが、これから小型水槽を始めたいというお客様がご来店されました。お客様がご来店されるだけで、ありがたい気持ちになります。でも考えてみましたら1ヶ月半も接客をしておりませんので、少しソワソワします。ソワソワしてても気にしないでください。



一昨日、胎児の検診に行ってまいりました。映像に映っていたのは「人」でした。今まではもっとチンチクリンだったのが、完全に「人」に変化しておりました。雌雄男の子か女の子かはまだわかりませんが、なんとなく女の子ぽい感じです。名前の候補には茜(あかね)か彩音(あやね)が上がっています。あと3ヶ月半で生まれます。



bana.jpg
↑トップページ

Theme:ガーデニング | Genre:趣味・実用 |
Category:開店までの道のり | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

バレンタイン

2010.01.31 Sun
こんにちは。フェアトレード商品担当の神田すみれです。
お店の看板が設置され、いよいよ開店まであと1週間!ドキドキワクワクです。


お店の開店は2月6日。バレンタインデー直前!ということで、バレンタイン商品を準備しました。



バレンタイン
フィリピンのパやタスという地域に住む女性たちが製作した手作りベア。
そして、手に持っている3つのハートはフェアトレードのチョコレートです。(包装込で650円)



今日は少しチョコレートについてお話します。


ちょっと疲れているときに、コーヒーと一緒に、ふと食べたくなるチョコレート。チョコレートの原料はカカオ豆ですが、日本で使われているカカオのほとんどがガーナなど西アフリカで生産されています。これらの国のカカオ農園は小規模な家族経営である場合が多く、多くの子どもたちが学校に行くことなく、カカオ農園で働いています。



カカオ農園で働く子どもの64パーセントが14歳以下で、40パーセントが女子であるといわれています。子どもたちが働かされる最大の理由は貧困。子どもは大人より賃金が安く済みますし、言うことを聞くので使いやすいのです。



カカオの実は多くの子どもたちの苦しい労働によって生産されていますが、その子どもたちは一度もチョコレートを食べることはありません。



フェアトレードのチョコレートは、児童労働ではなく、大人が公正な賃金を得て育て、公正な取引で仕入れたカカオ豆だけを使っています。そんなチョコレートを、フィリピンの女性たちが製作したテディベアが抱えているかわいいバレンタインセット。ご家族やお友達にチョコレートの話をしながらプレゼントしてみてはいかがですか?





Category:開店までの道のり | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

看板が付きました

2010.01.31 Sun
師匠にお願いしておりました看板が出来上がりまして、取り付けまでしていただけることになりました。

IMGP2210.jpg
師匠自ら脚立に乗って取り付け作業をしていただいているところです。実に勇ましい。プロはやっぱり違うというか、アクシデントが発生しても安心感があるんですよね。次から次へと兵器が登場し、アクシデントをバッタバッタとなぎ倒していくのです。


IMGP2214.jpg
ライティングの調整までしていただきまして、バッチリ照射されております。ちなみにライトは消費電力100w×5灯から22w×2灯に変更しております。500w→44wへの大幅節電でございます。


看板が付きまして、気の引き締まる思いでございます


bana.jpg
↑トップページ



Theme:クリエイティブなお仕事 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:開店までの道のり | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

開店まであと1週間です

2010.01.30 Sat
今回の熱帯魚の入荷をもちまして、準備期間中の入荷は終了です。

本日入荷した熱帯魚


カージナルテトラ
アカヒレ
(カージナルとアカヒレは、濾過に負荷をかけないように2回に分けて入荷しました)
ゴールデンアフリカンランプアイ
ピグミーグラミー
ゼブラシュリンプ(思いがけずフライングで売れましたので、その補充)
ボララス・ブリジッタエ
レッドファントム
テトラオーロWILD
グローライトテトラ

以上でございます


それでは、既存魚、入荷魚合わせまして、撮影に成功したものから紹介させていただきます


IMGP2182.jpg
【クラウンキリー】
水槽の上層を泳ぎます。魚の混泳は上層・中層・下層をそれぞれ好む魚を組み合わせますと見た目も良いですし、魚の生態としても不具合が起きにくいものです


IMGP2183.jpg
【レインボークリスタルテトラ】
非常に美しいテトラです。活発に動きますが、性質はややデリケートです。現在在庫しております本種は餌食いも良好で、体調は万全ですので是非この機会にどうぞ


IMGP2186.jpg
【メコンメダカ】
これは完全に個人的なツボでございます。ニホンメダカと同じオリジアス属ですので、形が非常に似ていますね。繁殖も容易です。オスメス揃っておりますので、繁殖を目指してみてはいかが?


IMGP2187.jpg
【コリドラス・ハブロスス】
小型水槽には絶対このコリちゃんです。最大でも3cmほどにしかなりませんので、水草を掘り返すなんてこともほとんどありません。写真だと可愛さが50%くらいしか伝わってない気がします。是非ご来店いただき、実際にご覧いただきたく思います。


IMGP2188.jpg
【ボララス・マクラータ】
本来は弱酸性・軟水の水がベストですが、当店の中性の飼育水に慣れておりますので、無理に下げる必要はないと思います。pHがどうとかよりも、硝酸などの少ない水で、濾過がしっかりしていれば神経質になる必要はありません。硝酸やリン酸は水草に吸ってもらいましょう。いくら濾過がしっかりしていても、過度な水換えはこの手の魚にとっては禁物ですから。


IMGP2190.jpg
【ミクロラスボラspブルーネオン】
写真では光の加減で良く見えませんが、ブルーというかグリーンに輝いております。通好みだと思います。
入荷した時は気が付きませんでしたが、1匹奇形が混じっておりました。もちろん、こういった場合は補償されますが、今となっては後の祭りです。水草販売水槽に引っ越してもらいましょう。より環境の良い場所に移れて良かったね。


IMGP2197.jpg
【ピグミーグラミー】
私が熱帯魚を始めたころに、可愛さに惹かれて買ったのをよく覚えています。ちなみにこの魚、鳴くんですよ。昔はそんなこと知りませんので、一体何の音なのかしばらくわからなかったのです。夜中にココココッと鳴きます。


IMGP2199.jpg
【ベックフォルディペンシル】
マジナータスペンシルを注文したつもりが、ベックフォルディが来ました(注文書にも確かにベックフォルディと書いちゃってました)やらかしました。でも、この美しさ!ちょっとだけ大きくなるけど(4~5cm)。マジナータスは別名ドワーフペンシルと呼ばれるように3~3.5cmくらいです。


IMGP2201.jpg
こちらも同じベックフォルディですが、あまり発色していません。メスのように見えますが、尻ビレ全体が赤いので性成熟していないオスだと思われます


IMGP2203.jpg
【ボララス・ブリジッタエ】
入荷時から真っ赤です。ふつうは飼いこんで発色してくるのですが・・・。水草の生い茂る水槽に少数泳がすだけっていうのが粋じゃないかと思います。


IMGP2204.jpg
【ミクロラスボラspハナビ】
まさに小型美魚ではないでしょうか。状態も抜群に仕上がっております!


IMGP2206.jpg
【ミクロラスボラ・エリスロミクロン】
入荷時はほとんど発色しておりませんでしたが、ここにきて急に色づき始めました。状態が上がっている証拠だと思います。人工飼料もバシバシ食べております。


IMGP2207.jpg
【テトラオーロWILD】
ワイルド(野生個体)のテトラオーロでございます。本日入荷したばかりで、少し痩せていますが、餌食いは極めて良好ですのですぐに太ると思います。前の職場で、初めて60cmのレイアウトを任された時にこの魚を泳がせましたので思い入れがあります(店長の意思ですが・・・笑)渋い魚です。


IMGP2209.jpg
【ゴールデンアフリカンランプアイ】
ランプアイのアルビノ種であります。
写真では良さがいまいち伝わりませんね。吐きそうになるくらい可愛いんです。


bana.jpg
↑トップページ



Theme:熱帯魚 | Genre:ペット |
Category:開店までの道のり | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

開店まで間近

2010.01.28 Thu
昨日、元同僚が遊びに来ましたのでアクアリウムについていろいろお話しました。アクアリウムに王道は無し、といったところでしょうが、でも答えはひとつなのだと思いました。


IMGP2158.jpg
水草が伸びてこんがらがってきていたので、少しずつ整理していきます。一度引き抜いて脇芽などを整理して植え直すわけですが、脇芽も切り取って植えていきますので随分ボリュームがでます。ドリマリアコルダータなんかは30本しか仕入れていませんが、100本以上に膨れ上がりました。仕入れたものは低農薬といえども農薬は使われており、農薬抜きの作業がありますので、基本的には全て自家栽培によって増やし販売していくのがベストだと考えています。

ちなみに市販されている水草には基本的に農薬がかけられており、そのまま水槽に入れるとエビを死に至らしめることもあります。これが顕著なものは輸入された水草や、水上葉、アヌビアス、ミクロソリウム、ポット入りの水草です。当店では、基本的に低農薬~無農薬の水草を仕入れて、販売水槽に入れる前に農薬を抜く工程を踏みます。また、水草販売水槽ではヤマトヌマエビを同時に飼育しておりまして、常にエビの健康状態を見て、農薬のチェックは怠りません。安心してお買い求めください。


IMGP2152.jpg
完全に水中葉になっておりますアンブリアでございます。アンブリアは育成の容易な種類ですが、水槽セット初期には入れないようにご注意ください。窒素分の要求量が飛びぬけて多いので、真新しい水では育たず枯れてしまいます。ガラス面に藻類が発生している水槽の方がよく育ちます。


IMGP2159.jpg
ビュンビュンとランナーを伸ばしておりますエキノドルス・テネルスでございます。左端の株の葉が千切れておりますのは、ミズメイガという害虫の幼虫が食害したためです。まれにこのような害虫が水草の入荷時にまぎれて入ってきてしまいますが、これも目で見て取り除きます。それよりも農薬の方がずっと怖いのです。


IMGP2149.jpg
自宅で増えましたエキノドルス・レッドフレームです。現在3株ございます。大きくなるので小型水槽には厳しいですが、大変美しく育っております。もちろん藻類の付着は全くございません。


IMGP2148.jpg
前回紹介させていただいた時には全くの水上葉でしたが、今では水中化して赤くなっていますパンタナルクリスパでございます。本種は好き嫌いがはっきり分かれますね。好きな人はすごく好きで、嫌いな人は大嫌いだと思います。これも随分増えました。


IMGP2147.jpg
柔らかい印象のロタラ・ロトンディフォリア ベトナム産です。2本入荷したものが、現在15本ほどに増えました。


IMGP2144.jpg
私の大好きなポタモゲトン・ガイーです。
まさに水草!って感じがいいんですよね!

IMGP2129.jpg
IMGP2143.jpg
だいぶ色が戻ってきました。使用しておりますソイルは、やはり当店オススメのプラチナソイルでございます。なぜオススメかといいますと、栄養分がほとんどゼロだからなのです(使用感として、カリウム・微量元素は含まれている感じですが、特に窒素・リンは皆無だと考えて間違いはないと思います)。水草にしてもエビにしても、最初から栄養分が入っているとなにかとやりにくいのです。セット初期の大量水換えはソイルの養分を抜くためですが、抜くなら最初から入れなければいいのです。急いては事をし損じますゆえ、ゆっくりいきましょう。


IMGP2168.jpg
並グレードのレッドビーも負けてはおりません。日の丸も潜伏していたりします。


IMGP2167.jpg
エビはレッドビーだけではありません。これは鼻(額角)が長いピノキオシュリンプですが、よく観察するとお腹にも模様があったりして面白いのです。



bana.jpg
↑トップページ



Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:開店までの道のり | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ヤマトヌマエビは1匹39円でございます

2010.01.27 Wed
当店ではフェアトレード商品も扱っております。今日はまずフェアトレード商品の紹介から…

はじめまして。Nature Gardnでフェアトレード商品を担当する神田すみれです。
フェアトレードとは「公正な貿易」「民衆の貿易」と言われており、特に途上国の弱い立場にある生産者や労働者の生活を向上、彼ら(彼女ら)の権利を守る貿易の仕組みです。


IMGP2105.jpg
今日ご紹介するのは、フィリピンのマニラ首都圏にあるパヤタスという地区に住むお母さんたちが作った巾着袋です。


IMGP2107.jpg
パヤタスには大きなごみ処分場があり、そこでごみを拾って生計をたてている人たちがいます。有害なガスが出ていたり、汚水が垂れ流しになっていたりするごみ山の中から、換金できるごみを探し出すというとても危険な仕事です。しかし、それ以外に収入を得る方法がありません。


IMGP2108.jpg
そこでごみを拾う以外の方法で収入を得られるようにと、日本の国際協力団体ICANのボランティアの人たちが、パヤタスのお母さんたちに裁縫を教えたことからSPNPという生産者グループができました。上の写真のきんちゃく袋はそんなパヤタスのお母さんたちが作ったものです。


これからも少しずつフェアトレードの商品を紹介していきます。よろしくお願いします。




IMGP2111.jpg
レッドビーシュリンプの「ほぼモスラ~モスラ」個体も入荷しております。ただ、ブリーダーさんの水と当店の水に大きな差があったのでしょう。色が飛んでしまいました。この問題に関してはミネラルを徐々に加えて改善させます。エビなどの甲殻類にとってはミネラル(特にカルシウムやマグネシウム)が命ですので、絶対に枯渇させてはいけません。


IMGP2122.jpg
【ホンコンシュスラン】
ランの仲間ではありますが、葉こそ美しいので、観葉植物として扱われます。注目すべきは、その葉脈です。光沢といいますか、それ以上の輝きを放っております。乾燥と加湿、低温、直射日光には注意して育てます。といいましても明るめの室内で普通に管理していけば大丈夫です。


IMGP2124.jpg
【ボトルツリー】
入荷してから新芽がニョキニョキ伸びて元気に育っております。生長が早い植物なのでガッツリ育てたい方にはオススメです。


IMGP2125.jpg
【シルクジャスミン】
香りの良い白い花を咲かせた後にはこのように赤い実をつけます。日当たりを好みますので、屋外か出来るだけ明るい窓辺で育ててください。




bana.jpg
↑トップページ


Theme:ガーデニング | Genre:趣味・実用 |
Category:開店までの道のり | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

2月6日にオープン致します

2010.01.26 Tue
インターネット環境が復活いたしましたので、ホームページやブログ、通信販売などを急ピッチで完成させます。


今日は友人が遊びに来てくれました。人と話すということは健康に良いことだと思い知らされます。そして、そんな時にもお二人組のお客様がいらっしゃいまして、少しお話をしました。ご近所にお住いということで、今後ともネイチャーガーデンをごひいきに!更に同時にエーハイムの方が来られました。エーハイムさんの商品が一切無くてすいません。様子見ながら2211(ろ過機)くらいは置くかもしれませんが。先日もテトラの方が来られましたが、これまたテトラさんの商品もあんまり無いんですよね。でも大丈夫です。テトラ水草肥料の3種の神器はバシバシ押していきますので。

いずれにしましても、私は「こだわり」を持ってネイチャーガーデンを経営していきますが、頑固野郎みたいにはなりたくありませんので、柔軟に融通きかせてやっていこうと思っています。


さて、新しい商品の紹介です
IMGP2081.jpg
石仕立ての苔盆栽でございます。かなりイカしております。


IMGP2080.jpg
現在ピョンピョン生えておりますのは苔の胞子嚢(ほうしのう)です。ここから胞子が飛び出て増えていくわけです。しかし苔遊びの真骨頂はここからでありまして、今後何が生えてくるかわからないところが最大の面白さだと思います。もしかしたら何も生えてこないかもしれませんが、通常は何かが生えてきます。道端に生えております雑草も、よくよく見てみると大変美しいものです。草が生えてくる様子や、草の美しさを堪能してみるのも趣があります。


IMGP2088.jpg
エアープランツのコルク仕立てでございます。エアープランツは地面に生えず、通常は樹木などにくっついて生きております。乾燥に強いと言われますが、基本的には1週間に一度エアープランツごと水に2~3時間沈めて水を補給させてあげます。その時に液体肥料を5000倍ほどに薄めたものを使いますと、よりイキイキと育っていきます。このようにソーキング(水浸け)を行いませんと、やがて枯れていきます。乾燥に強いエアープランツですが、枯れる原因で一番多いのは水切れなのです。動植物にとって最も大事な要素は「水」です。水は絶対なのです。地球には水があります。


IMGP2090.jpg
私が植栽を行いました吊り下げ観葉植物です。中央に植わっておりますオオタニワタリは日照不足や乾燥に強い植物ですので、あまり世話がかかりません。でも適度に肥料を与えてあげれば、見違えるほど立派になります。


IMGP2085.jpg
熱帯魚の販売水槽はコンディションがかなり良く、水草も活き活きと育っております。ただ、予想以上に水の酸化が早いようで、酸化に弱いブラックモーリーが少しだけ肌荒れを起こしていました。これは水を変えることによって解消されます。ブラックモーリーも1日でほとんど回復しました。これは水草の様子や藻類の発生具合から見ても読み取ることができます。水草の葉が大きく茂り(窒素が十分に足りている)、ガラス面に緑藻が発生しています(窒素が過剰です)ので、水が酸化している可能性が高いです。大磯砂に含まれているサンゴがある程度緩衝してくれるはずですが、今回の場合は事前に大磯砂の酸処理(サンゴを溶かしだす作業)を行っていますので、緩衝作用はあってもごくわずかだと思います。目指すところは水換えをする必要がない販売水槽を作ることです。水草が窒素・リンを全て吸収すれば、基本的には水換えをする必要はありません(エビはミネラルが必要ですからこの理屈は当てはまりません。水質によってはミネラルの添加が必要です)
IMGP2086.jpg
このあたりの水槽への施肥は基本的にTetraのイニシャルスティック(ゆっくり効く有機栄養素)のみで行っておりましたが、2週間ほど前からTetraのフローラプライド(速効性の液体栄養素)を添加しております。どうしても初期の段階では水換えを頻繁にしますので、イニシャルスティックだけでは足りなくなってしまうのです。
IMGP2084.jpg


めだかの販売水槽でも水草がよく茂っております。こちらも同じような施肥状況です。
IMGP2092.jpg
植わっておりますのはオオカナダモ、クロモ、マツモ、ポタモゲトン・ガイーです。
IMGP2083.jpg
特にオオカナダモの生長はアグレッシブです。

私は、魚の販売水槽でも水草の方を良く観察しますし、水草の状態を重視します。これは魚を蔑ろ(ないがしろ)にしているわけではなく、水草をきれいに育てれば魚の状態も上がるからなのです。動物と植物は極めて密接に関わっており、互いに無くてはならない存在なのです。


IMGP2098.jpg
レジ上のボトルツリーがニョキニョキ伸びております
IMGP2096.jpg
この台の上も盛りだくさんな感じになってきました。
IMGP2097.jpg
ネイチャーガーデン全体図

ちなみに、Nature Gardenはネイチャーガーデンと読みますが、よくナチュレガーデンと間違えられます。この屋号、もともとは趣味で書いておりましたブログのタイトルをそのまま取ったものですが、最初(3年前とか)はナチュレガーデンと自分自身も言っていたのです。いつからネイチャーガーデンになったのだろう?どっちでもいいです。どちらでも歓迎です。


bana.jpg
↑トップページ


Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:開店までの道のり | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

商品開発

2010.01.22 Fri
メールでお問い合わせいただいている皆様へ:
25日にインターネットが使える様になりますので、返信はもうしばらくお待ち下さい。ご迷惑おかけします。

開店は2月1日~2月10日あたりになると思います。

さて、新たな商品開発です。
20100122012614

心和む苔盆栽でございます。ちなみに全て、私の手作りです。お気に召されますでしょうか。店の外に椅子を置いて製作しておりましたら、ご近所の方々が集まって来られました


20100122013604

店内も着々と雰囲気が良くなっています。雰囲気レベルは90%達成ですが商品数はまだ60%といったところです。
20100122014035



あっ!そうそう、店の外に大きな木(シマトネリコ)をこしらえました。写真撮るの忘れてしまいました。樹勢に乱れがあり、春先に剪定が必要ですが、私の身長(165cm)より高い立派な木です。

今日話してた問屋さんがかなりのエビマニアで、エビ談義に花が咲いてしまいました。


明日、生体パッキング用の酸素ボンベが来ます。

Category:開店までの道のり | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |