RSS|archives|admin
:

自然を楽しもう! 園芸(チランジア、その他植物)、アクアリウム(水草、観賞魚)のNature Gardenへようこそ!

【宣伝】
(園芸関連)
・エアープランツ(チランジア)絶賛販売中(普及種から珍種まで常時約100種類在庫有ります)
・原種ベゴニア、ジュエルオーキッドなども多数あります
・多肉植物もあります

(アクアリウム関連)
・水草は100~180種類販売してます(販売可能種は激しく変動します)
・AIネットCO2フルセット キューブセカンド 価格下がりました 7998円
・AIネット熱くなり過ぎない超小型電磁弁電磁弁 価格下がって新登場 4998円
・CO2ボンベ 1本596円 5本2345円   (全て税込)

(フェアトレード関連)
・フェアビーンズコーヒー販売中!

【通信販売】←クリック
水草・チランジア・ジュエルオーキッド・ベゴニア・その他植物・生体・用品など

【各種情報発信メディア】
   
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
ブログ・・・入荷リスト、水草記事、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)など
ツイッター・・・ほとんど全ての情報、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)
インスタグラム・・・ギャラリーとしてのみの利用
フェイスブック・・・ブログ記事のリンクのみ


動かされているだけ

2014.01.07 Tue
IMGP214000.jpg
30cm大磯砂レイアウト水槽

それなりに茂ってきました。

仏の顔も三度までですが、私は三百回までゴリ押しでお願いします。ということで、何度目か、もはやわかりませんが施肥の見直しをしています。シンプルイズザベスト。ガセネタを書きすぎているので、まともに成果が得られるまでは書かないでおこうと思います。

ところで、この水槽には今月は2.5本もカミハタ水生植物用肥料を入れています。

カミハタ水生植物用肥料には濡れ衣着せたかな・・・・。




バイオリンは相当難しいです。音出す前に姿勢とか弓の持ち方とかそういうところからしっかりやらないとダメっぽいです。水草も同じような気がします。
無理やり「荒城の月」を弾いてやったら、良い感じで荒れ果てた感じになりました。耳が荒れるわ。荒耳。
難しいですが、面白い世界が待っていそうなので、趣味としてやっていこうと思います。

そうそう、バイオリンを始めましたみたいなブログを探していたら、皆さん煮え切らない感じでした。

なぜかわかりました。書く事が無いからです。写真に撮ることも無い。最初のうちは、今日は弓の持ち方をやりましたみたいな感じで書けるのでしょうが、基本的に地道な練習あるのみだと思うので、ネタ的要素が絶対的に欠乏します。それでも書ける人は相当文才があるのだと思います。そう、バイオリンブログをやるには文章力が要求されるのです。

ちなみに、芝生育成マニアのブログとか結構面白いです。結構勉強になりますし。そうそう毎日変化しないであろう芝生ブログで最も要求されるのは、やはり文章力もそうですが、それ以上に変態力が必要だと感じます。




まぁ、親には似るんです。それは宿命なのです。同じことで喜んで、同じことで後悔するのです。反面教師にしたつもりでも、行き着く先は同じ。上っ面だけ隠そうとしても、無駄です。DNAと記憶がそうさせるのです。特にDNAの支配力は強く、それは中枢であるとはいえ単なる一器官である脳がいくら頑張っても、何も変わりません。その脳もDNAによって支配されているのですから。喜びを感じる根幹と後悔を生む行動や思考はほとんどコピーされているといっても過言ではありません。仕事や興味の違いは、あくまで表面上の事だと思います。



今日はやけに夕陽が綺麗です。


5歳ぐらい時、祖母と二人で夕陽が沈むのを部屋の窓越しに眺めていたことがあります。なぜ、その日の事を覚えているのかわかりませんが、その時も今も何も変わっていないような気がします。



スポンサーサイト
Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:大磯砂で30cm水草水槽 | Comment(2) | Trackback(-) | top↑ |

無心

2013.11.19 Tue
IMGP203200.jpg
大磯砂で立ち上げた30cm水槽

久しぶりの登場です。

今回の放置はいつもの“お得意の先送り体質”とは違って、草の観察のためでした。

セット初期は状態良く、その後下降、そして上昇。その挙動はあきらかに人為的なものです。

いじくると下降、放置で上昇。雑念というか、余計なことしちゃうんだろうなぁ~。

乱高下な販売水槽に適用できるかな。


IMGP203400.jpg
ただし、正面から見ると、こんなんです。でも草の調子はそんなに悪くないです。

完全にイジケていたグリーンロタラは水槽に手を入れなくなってから徐々に回復。手?萎縮オーラが出てる?菌?

とりあえず、肥料は完全に底床施肥に戻っています。液肥とは性格の不一致か?マメに手を加えがちな人は逆にマメに手を加えることができてしまう液肥は向いていないのかもしれない。「あ~適当っすよ。たまに気が向いたら入れてますよ」って言える人には向いてると思います。自分は基本的に超適当人間ですが、植物の栽培に関しては激烈マメ人間になってしまうので、結構それが仇になること多し。

あと、たぶん間違いないと思うのが、当たり前かもしれないですが、水草は根圏環境も水中環境もどちらも大事。地中に対しても水中に対しても丁寧に取り組まなくてはいけないと。水草の種類によって依存度が異なるので、その人の管理の癖によって難易度が分かれるんだろうなぁ。


にしても、大磯砂は根張りの面で致命的に不利だなぁ。草は底床を選ぶ。根張りが重要でない水草(ラージパールグラスなど)や不利な底床でも問答無用で根を張ることができる水草(ブリクサなど)は大磯砂でも全く問題なし。根張りが重要で、なおかつ不利な底床では根をうまく張ることができないグリーンロタラは難しい。無理ということではありませんが。これがソイルでなくとも多孔質底床や砂底床だとだいぶ有利ですね。



IMGP203500.jpg
とりあえず、今回はすべて差し戻し方式で整えました。残根は嫌なので、引き抜いての差し戻しです。それで軽く耕されますし。本来はトリミング方式のほうが根が強くなるので良いのでしょうが、いかんせん水草の足元が心許なく、バッサリ切ったらとんでもないことになりそうだったので。
このケースは間違いなく差し戻しでしょう。


水槽 レグラスR300(30cm)
底床 大磯砂
照明 ピクシースノー13W
Co2 テトラ拡散筒(貯蔵式)
肥料 カミハタ水生植物用肥料
   テトラクリプト
   テトライニシャルスティック




2日前に、急に幽体離脱してみたくなって、調べたら方法を見つけました。金縛りになってから離脱するっぽい。で、実際にやってみたら、本当に金縛りの前駆的な耳鳴りと圧迫感に襲われ、まじかよ、まじかよ、ってワクワクしてたら普通に寝てしまいました。昨日もトライしてみましたが、またも寝てしまいました。

無心になると、なんだか妙に寝つきが良くなるっぽい・・・・。



追記
IMGP204100.jpg
翌日

お、なんか綺麗








にほんブログ村ランキングに参加しています。応援して下さる方は下の「水草」バナーをクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:大磯砂で30cm水草水槽 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

検証

2013.09.23 Mon
IMGP177000.jpg
これは本日の写真ですが、9月20日の時点で数本が水面に到達していました。

一見すると問題がなさそうですが(予想よりはるかに良い)、水草1本1本をみると不具合が確認できます。

IMGP176800.jpg
ロタラはイジケ始めています。

IMGP176700.jpg
南米ラージパールグラスは完全にイジケています。ラージパールグラスの栽培経験がない方だと、何とも思わない状態だと思いますが、経験者の方はすぐにわかります。

IMGP177100.jpg
なんにしても、ワリッキーが伸びすぎているので、これだけ差し戻しました。というか、ワリッキーに不具合が無いのが非常に不思議。この面子であればワリッキーが最もイジケやすいので。


ここで手を打たなければいけませんが、次の一手の正解がわかる方はいらっしゃるでしょうか?私にはわかりませんし、わかる方はたぶん存在しません。それが水草の世界。いるなら是非お会いしたいです。


以前の自分の考えでは「窒素不足」が原因だと考えますが、全く違うのではないかという疑惑があります。カリ過剰?いやぁ、それもあるかな。微量要素不足?いやぁ、それもあるかな。「単なる過剰」なのではないか?何が過剰なのかはわからないけど、水草が過剰な養分に負けている。

最初に立てた仮説をもう一度引っ張り出します。

仮説1:萎縮の原因は窒素不足ではない
仮説2:萎縮の原因はカリウムの絶対量過多ではなく、微量要素に対する相対量過多である
仮説3:萎縮の原因はリンとカリウムの微量要素に対する相対量過多である

これにもうふたつ

仮説4:萎縮の原因は主にリン・カリウムなど養分の絶対量過多である
仮説5:萎縮の原因は主にリン・カリウムなど養分のカルシウムに対する相対量過多である


仮説2と3はすでに怪しくなってきたので、今回は1、4,5を検証します。
ということで、3/5の換水を行いました。水は同じようにアクアセイフやKHマイナスなどで調整したものです。ただし、液肥は入れません。以前の自分ならここで窒素系肥料を入れていましたが、今回は入れません。三大要素肥料には当然のことながらリンとカリウムが含まれるため。

ちなみに、リンが怪しいと感じるのは、新品ソイルだとイジケにくい(リンを吸着するから)点、フィルター内が汚れているとイジケやすい点などから。カリが怪しいと感じるのは、炭酸カリウムを入れると見事にイジケるため。カルシウムが登場する理由は、リン、カリが過剰だとカルシウムが利用されにくくなるという性質があるため。石灰岩をレイアウトに使っているとイジケにくいと感じるため。


今回の水替えで栄養素バランスが逆転すると思われるので、なんらかしかの変化が見えそうなものですが。




Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:大磯砂で30cm水草水槽 | Comment(2) | Trackback(-) | top↑ |

BCG

2013.09.18 Wed
IMGP174800.jpg
9月14日にセットした30cm大磯砂水槽

IMGP175700.jpg
4日経過して、イジケの発生無く、よく育っています。

フィルターは、一日経過した15日にパイプ内、インペラーなどもしっかり綺麗にしてあります。

左端に水上葉ですがグリーンロタラを追加植栽しました。

今日は定例水換えの日だったので、この水槽も同じように行いました。ここはまだ換える予定がありませんでしたが、日にちを合わせたいので、1リットル(全水量の1/10くらいかな)だけ交換し、フローラプライドを0.5ml追加しておきました。pHマイナスはもう使いません(あとは自然に下がるから)。

5日後には中央のワリッキーが水面に到達すると思います。


【底砂】
大磯砂

【底床肥料】
テトライニシャルスティック 12g 立ち上げ時のみ
テトラクリプト 1/2錠 月に1回

【液体肥料】
テトラフローラプライド 新水10リットルに対して5ml

【調整剤】
テトラコントラコロライン
テトラアクアセイフ(初回のみ)
テトラPHKHマイナス(初回のみ)

【炭酸ガス】
テトラCO2オプチマット(貯蔵式)

【水質】
pH:6.5~7.0
KH:0.5~1.0
GH:3.0
EC:240μS

【生体】
バルーンモーリー1匹
ラムズホーン10匹



どうでもいいことですが、昨日は店内BGM用の曲をチョイスしてMDに編集していました。今まで邦楽は極力避けていましたが、どっちでも良い気がしてきました。好きな曲をボンボン入れました。ただし、店内BGMにやかましい系は避けて、そういうのは営業時間外の作業用BGMに入れます(本当はロック調の曲が好きなので)。基本的に寝る時間と食事の時間以外はすべて仕事ですが、店内で水槽作業を営業時間外にやるのは稀なので、そっちはあまり使わないかも。先日家族でカラオケ行ったときに、娘にドン引きされたし。



Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:大磯砂で30cm水草水槽 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

大磯砂で30cm水草水槽

2013.09.14 Sat
思い立って、30cm水槽のひとつを大磯砂仕様にしてみました。
IMGP174300.jpg


ある仮説を検証するためです。


有茎草のイジケ原因が今までの考えとは全く別のところにある気がするのです。
だとすると今まで真逆なことをしていたことになります。

飼育水は完全に新しい水に取り替えましたが、フィルター内は触っていません。





【底砂】
大磯砂

【底床肥料】
テトライニシャルスティック 12g 立ち上げ時のみ
テトラクリプト 1/2錠 月に1回

【液体肥料】
テトラフローラプライド 新水10リットルに対して5ml

【調整剤】
テトラコントラコロライン
テトラアクアセイフ(たぶん初回のみ)
テトラPHKHマイナス(初回のみ)

【炭酸ガス】
テトラCO2オプチマット(貯蔵式)

【水質】
pH:6.5~7.0
KH:0.5~1.0
GH:3.0
EC:210μS

【生体】
バルーンモーリー1匹
ラムズホーン10匹




このセッティングでは萎縮街道まっしぐらです。というのが今までの感覚でした。というか今でもそう思っています。

EC値が1夜にして水道水+90μSです。いつもならここで水替えをしていますが、あえてしません。更に、この状況では窒素・リンが無さすぎるのにカリ・微量要素が多すぎなので、三大要素肥料を施肥しますが、それもしません。

いつもは言外の意味をあえて書きませんが、今回は「それも一興」の気持ちで書いてみます。

仮説1:萎縮の原因は窒素不足ではない
仮説2:萎縮の原因はカリウムの絶対量過多ではなく、微量要素に対する相対量過多である
仮説3:萎縮の原因はリンとカリウムの微量要素に対する相対量過多である

つまり、今回のセッティングで初期に水替えをして三大要素を足すということは、微量要素を減らして窒素・リンを増やす事になり、萎縮を助長する。

ただし、地中の依存度が高い水草も同様に考えられますが、水中環境と根圏環境と両方考えなければいけないと思います。今回の実験では水中も根圏もどちらも窒素リンが極端に少なく、カリ微量要素が極端に多い環境になっています。


最後に書いておかなければいけないのは、自分の実験史の統計上、この説が正しい可能性は1.5%です。90%は誤りで8.5%は不明のままであるということです。

こうなるのは自分に植物を育てるセンスが無いからですが、センスがあると考える機会が減るので、むしろ恵まれていると思っています。センスのある人には蓄積しない経験と知識と膿を糧にします。



IMGP174800.jpg
植えた水草は
ロタラ・ロトンディフォリアspイエロー インドネシア便
ロタラ・ワリッキー
グリーンロタラ(撮影後追加植栽)
ミリオフィラムspガイアナドワーフ
南米ラージパールグラス
ブリクサ・ショートリーフ
グロッソスティグマ

ワリッキーは萎縮しているように見える茎がありますが、これは長さを揃えて切った時に余った茎を植えたためです。


とりあえず、1日経過した状態での観察ではもちろん変化なし。ですが、萎縮する気満々な印象です。あくまでイメージですが。私は、大磯砂にロタラが植わっているのを見ると、萎縮していなくても萎縮しているように見える病気に罹っています(笑)

Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:大磯砂で30cm水草水槽 | Comment(4) | Trackback(-) | top↑ |