RSS|archives|admin
:

自然を楽しもう! 園芸(チランジア、その他植物)、アクアリウム(水草、観賞魚)のNature Gardenへようこそ!

【宣伝】
(園芸関連)
・エアープランツ(チランジア)絶賛販売中(普及種から珍種まで常時約100種類在庫有ります)
・原種ベゴニア、ジュエルオーキッドなども多数あります
・多肉植物もあります

(アクアリウム関連)
・水草は100~180種類販売してます(販売可能種は激しく変動します)
・AIネットCO2フルセット キューブセカンド 価格下がりました 7998円
・AIネット熱くなり過ぎない超小型電磁弁電磁弁 価格下がって新登場 4998円
・CO2ボンベ 1本596円 5本2345円   (全て税込)

(フェアトレード関連)
・フェアビーンズコーヒー販売中!

【通信販売】←クリック
水草・チランジア・ジュエルオーキッド・ベゴニア・その他植物・生体・用品など

【各種情報発信メディア】
   
※ブログとツイッターがメインです(ブログとツイッターを両方ご覧いただくのがベストです)
ブログ・・・入荷リスト、水草記事、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)など
ツイッター・・・ほとんど全ての情報、営業案内(臨時休業・営業時間変更告知)
インスタグラム・・・ギャラリーとしてのみの利用
フェイスブック・・・ブログ記事のリンクのみ


ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフ

2013.01.08 Tue
水草図鑑目次へ移動

IMGP007600.jpg



【ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフ】 280円/1本(変更する場合がございます)

ユキノシタ目

アリノトウグサ科

ミリオフィラム属


南米北部のガイアナ共和国付近に産するアリノトウグサ科の水草です。名称にドワーフとつくくらいで、ミリオフィラムの仲間としてはかなり小型の種類です。

育成面では、それほど気を使うことはありませんが、陰に埋もれてしまうと容易く消失します。一般的には酸性、軟水の水を嫌うとされていますが、実際に育成してみると、あまりそのような印象を抱くまでには至りません。少なくとも、pH5.0、GH2程度では特に問題を感じませんでした。それよりも養分の不足には弱く、イジケだけならまだしも、茎の中ほどから溶けてしまうことがあります。特に窒素分の不足は致命的です。

成長は比較的遅く(節間が詰まっているので遅く見えるだけ?)、トリミングに追われるようなことはありません。注意点としては、トリミングした場合に、必ずしも切った先から萌芽するわけではなく、3~4節くらい下から芽が出ることがあります。この特性は場合によってはレイアウトの障害と成りえるかもしれません。しかし、実際には切り口が目立たないので、結局あまり気にはなりませんが。

照度・養分・二酸化炭素を多くするほど、太く、しっかりとした草体になります。

底床材は、特に選びません。大磯砂でも基本的問題ありませんが、できるだけ細かい粒のものを選ぶとよいでしょう。

レイアウトでは、中景あたりで茂みを作ると見ごたえがあります。また色合いがライトグリーンで明るく、ふわふわしているので、軽やかな印象になります。



水草図鑑目次へ移動

スポンサーサイト
Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:水草図鑑 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ポリゴナムsp.ピンク

2012.11.07 Wed
水草図鑑目次へ移動

IMGP08210.jpg


【ポリゴナムsp.ピンク】 140円/1本(変更する場合がございます)

タデ目

タデ科

ポリゴナム属


東南アジアに産するタデ科の水草です。頂芽がピンクに染まることから、このような流通名で呼ばれるようになりました。比較的古い水草ですが、sp扱いのままで、種名としては不明です。
書籍などでは成長が遅いと書かれていることが多いですが、意外と早いです。光・CO2・養分がしっかり揃っていると、色も付きやすく生長も早いのでなかなか面白い水草だと思います。
個人的にも結構好きな水草で、色っぽい水草だなぁ~と眺めていることが多いです。

育成面でのトラブルは、主に下葉の枯れではないでしょうか。養分が不足すると成長が緩慢になり、下葉から落ちていきます。それでも新芽にはトラブルが起きにくいので、個人的にはお利口な水草の括りです。

水質には、ほとんど頓着が無いようです。ただし肥料はしっかり効かせます。

底床材は、特に選びません。大磯砂のような底床材にもしっかりと根を張り、問題なく育ちます。


レイアウトでは、中景あたりのアクセントとして植栽すると際立つようです。ただし、比較的大柄なので、小型水槽には不向きです。


番外編:水上では雑草化します。強健すぎて蔓延るので、ビオトープなどに植えると収拾がつかなくなる恐れ大です。水中では美しいのに、水上では・・いただけない感じです(個人的感想ですが)。

IMGP08200.jpg


水草図鑑目次へ移動

Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:水草図鑑 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ロタラsp.ベトナムレッド

2012.11.05 Mon
水草図鑑目次へ移動

IMGP08010.jpg

【ロタラsp.ベトナムレッド】 280円/1本(変更する場合がございます)

フトモモ目

ミソハギ科

ロタラ属


ベトナムに産する細葉系のロタラです。一昔前は細葉系ロタラというとロタラ・ワリッキーしかありませんでしたが、現在では本種の他にも様々な種、産地のものが出回っています。
分類としては、細葉系と一括りになっていますが、ワリッキー系とは雰囲気が随分異なります。それよりもミズスギナ(ロタラ・ヒプリス)のほうに近い印象ですので、個人的にはヒプリス系として分けています。

調子が良いと、生長も非常に早く、すぐに水面に達してしまいます。ワリッキーよりはトリミングに強いので、そのような処置でも問題は起きにくいようです。ただし、カット後に日陰になると、いつのまにか消えていたりしますので注意が必要です。心配であれば、差し戻し方式で維持するのが安全かもしれません。

育成は基本的な水草育成用水槽であれば問題ありません。本種は二酸化炭素の要求量はかなり低いですが、強照度を求めるので、それとのバランスをとるために二酸化炭素の添加が必要となります(ライト照射時の二酸化炭素濃度は6~10mg/Lあれば十分)。ちなみに、強照度(60cm水槽で80Wなど)では二酸化炭素濃度が簡単に6mg/L以下になってしまいます。つまり、草としての二酸化炭素要求量は少なくても、強照度が必要なので、必然的に二酸化炭素添加が有効となるのです(あえて必須とは言いません)。二酸化炭素の添加をしないなら弱~中照度で栽培せざるをえませんが、あまり美しくは育ちません。

また、養分要求量が高いので、貧栄養環境に陥ると、たちまち調子を崩します。

水質は、それほど拘らなくても良さそうですが、pHに関しては、昼夜とも7.0以下くらいには調整しておいたほうが色が出やすいようです。

この水草は根をしっかり張れる環境でないとうまく育ちません。底床材はソイル・溶岩砂・サンディーゴールドなどが良いでしょう。大磯砂のような底床材では苦戦します。これは、おそらく大磯砂に保肥力がなく、底床肥料がダイレクトに根に届いてしまうことで肥料負けを起こしやすいからだと思われます。また、多孔質でない底床材では細根が発達しづらいのも要因のひとつだと思います。


レイアウトでは、中景あたりのアクセントとして植栽すると際立つようです。



水草図鑑目次へ移動

Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:水草図鑑 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

水草図鑑目次

2012.11.05 Mon
水草図鑑目次

「ア行」

「カ行」

「サ行」

「タ行」

「ナ行」

「ハ行」
ポリゴナムsp.ピンク

「マ行」
ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフ

「ヤ行」

「ラ行」
ロタラsp.ベトナムレッド

「ワ行」


Theme:水草水槽 | Genre:ペット |
Category:水草図鑑 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |